読書メーター

  • remiさんの読書メーター
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 読書の記録2016年5月分 | トップページ | 読書の記録2016年7月分 »

読書の記録2016年6月分

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:4812ページ
ナイス数:5061ナイス

6月は、映画やお芝居を観る前に原作を読んだり、買ってからずっと読めずにいたものを読んだり、新しく買った漫画を読んだり、良い感じ。図書館通いをお休みして積読解消に取り組み始めた効果が出てきた。
6月のベスト3:①64-ロクヨン-②なんてことないふつうの夜に③マクベス


Casa BRUTUS特別編集 日本の美術館ベスト100ガイド (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)Casa BRUTUS特別編集 日本の美術館ベスト100ガイド (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)
美しく個性的な様々な美術館を紹介する本。個人的には現代アート的な造形の建物のことはあまりよく分からないけどアート作品を観る空間自体もアートだという考え方はなんとなく分かるしそれを体感してみたいとは思う。とりあえずここに紹介されてるなかでは超近場にある神長官守矢史料館と比較的近場にある碌山美術館と清春白樺美術館(清春芸術村)は機会を見つけて行ってみたい。東京に出かけた時に出かけたい美術館も色々見つかって良かった。
読了日:6月1日


陰陽師 玉手匣 4 (ジェッツコミックス)陰陽師 玉手匣 4 (ジェッツコミックス)岡野玲子
最新刊読む前のおさらいで酒呑童子の章から再読。でも事の発端から読むにはもっともっと前から読まないといけなかったんだけど…まあいいか^^;博雅が相変わらず晴明に気持ちよく振り回され目の前を通り過ぎていく酒を物欲しげに見ているところがすごく可笑しい。
読了日:6月2日





陰陽師 玉手匣 5 (ジェッツコミックス)陰陽師 玉手匣 5 (ジェッツコミックス)岡野玲子
最新刊読む前に再読。まるごと酒呑童子の巻。晴明vs頼光。心が丸裸になり欲望に素直になっちゃうお酒、怖い反面心惹かれる。酒宴から乱闘の末、晴明と博雅は次巻、酒呑童子の寝所・鉄の御所へ…!
読了日:6月2日






陰陽師 玉手匣 6 (ジェッツコミックス)陰陽師 玉手匣 6 (ジェッツコミックス)岡野玲子
前の巻から引き続き酒呑童子登場。博雅が酒呑童子に語りかけるところと匏(ひさご)が自分の一族について語るところが良かったなあ。そして…頼光は酒呑童子を討った…のかもしれないけど、このお話、まだもう少し続く模様。
読了日:6月3日





植物図鑑 (幻冬舎文庫)植物図鑑 (幻冬舎文庫)有川浩
映画見る前に再読。いやーやっぱり良い。さやかとイツキの甘々っぷりに今回もまた当てられたけどそこがいい。ここに出てくる印象的な場面やセリフを映像で見られると思うと映画見に行くのがすごく楽しみ!ずっとニマニマキュンキュンしてそう(^w^)
読了日:6月4日





銀盤騎士(7) (KC KISS)銀盤騎士(7) (KC KISS)小川彌生
最新刊読む前のおさらいで再読。千登勢が心を気遣うつもりで隠し事をしたことが却って良くない方向に。なんか…もっと良い方法がなかったのかなあと思ってしまう。千登勢と柴田リーザの恋バナのところは楽しくて好き。さて…心は本当の騎士になれるのかな?
読了日:6月4日





銀盤騎士(8) (KC KISS)銀盤騎士(8) (KC KISS)小川彌生
この巻はGPシリーズのNHK杯〜GPファイナル〜全日本選手権(の途中)まで。怪我によって表現力強化に挑むことになった心。苦戦するかと思いきや…オタク力(?)で克服した模様。それにしてもホント…心なにやってんだか…^^;というかパーカーの紐あんなに引き絞ってる人見たことない。全日本の試合結果はもちろん、千登勢と心、まりあと大牙の恋の行方、それに千登勢の病気にナーバスになる盛山さんのこととか…気になることがいっぱいだなあ。それと途中に出てきたキャンデロロ、懐かしい!かっこよくて大好きだったなあ(^^)
読了日:6月4日


書店ガール 5 (PHP文芸文庫)書店ガール 5 (PHP文芸文庫)碧野圭
今回は、郊外の駅中書店の店長を任されることになったものの売れ行きが伸び悩み部下との関係にも悩みを抱える彩加と、ライトノベルの編集長として様々なトラブルに見舞われる小幡(亜紀の夫)が主人公。このふたつのエピソードがどんな風に結びついて行くのかと思ったら、カギはバイトの田中くんが握ってた(^^)田中くんの家族がすごくいい。ピンチのときやふとしたきっかけで心を開いたときなんかに周りの人たちとまとまれるというのはなんとなく分かるなあという気がした。今回も、仕事と自分の関係などについて考えながら楽しく読めた。
読了日:6月7日


64(ロクヨン) 上 (文春文庫)64(ロクヨン) 上 (文春文庫)横山秀夫
刑事一筋だった主人公の三上が不本意ながら県警の広報官となり記者クラブとの関係悪化に苦慮するなか、刑事部と警務部の対立、そしてかつて三上も捜査に加わった昭和64年の誘拐事件(通称ロクヨン)に隠された真実に行き当たる…というお話。映画前編見てからの読了。映画でなんとなく理解してた権力争い的なものや重要なメモの内容のこととか…原作ではすごくぎっしりと書かれていて、これは大変なことになるぞ…とゾクゾクしてくる。下巻読むのが怖い気もする反面楽しみでもある。
読了日:6月11日


64(ロクヨン) 下 (文春文庫)64(ロクヨン) 下 (文春文庫)横山秀夫
交通事故の当事者の匿名問題でこじれた広報室と記者クラブの関係が三上の決断によって改善に向かうと思われた矢先、新たな事件によってさらなる危機が…という下巻。刑事部と警務部のどちらでもなく広報官として職を全うしようとする三上の姿に胸を打たれつつも、松岡が、そして当時事件に関わった複数の人々がそれぞれの方法でロクヨンの犯人をいつか捕まえることをずっと考えてたことが分かったとき、本当に堪らない気持ちになった。…さあ、これで映画館で後編を観る準備は整った。
読了日:6月13日


あらすじで読むシェイクスピア全作品(祥伝社新書)あらすじで読むシェイクスピア全作品(祥伝社新書)河合祥一郎
週末に「マクベス」観に行くので「マクベス」読む前に「マクベス」のところだけ。ものすごく簡潔で読みやすいけどあまりにも簡潔すぎる^^;でも相関図がついてるところがありがたい。解説のところに黒澤明さんや蜷川幸雄さんと一緒に萬斎さんの名前が出てきてオオッと思ったけどこの本河合祥一郎さん(萬斎さん演出のいくつかのシェイクスピア作品の台本作成に携わる)の本だった。さもありなん^^;
読了日:6月14日




マクベス (白水Uブックス (29))マクベス (白水Uブックス (29))ウィリアム・シェイクスピア
三人の魔女の言葉をきっかけに王座に就く野望を抱いたマクベスの物語。ふと思ってしまったのは、マクベス夫妻が手を下すことなく王になる展開ってありえないのかなということ。ないか^^;シェイクスピアの時代のスコットランド王ジェームズ6世の祖先が、王を殺し王座を奪った暴君から国を取り戻した…という、リアルとフィクションが織り交ぜられたところが興味深い。イギリスの人々がシェイクスピアの歴史劇や実在の人物をモデルにした劇を観る時の気持ちって日本人が大河ドラマとか見るような気持ちに近いのかなあ。ちょっとうらやましいかも。
読了日:6月17日


([お]7-8)真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)([お]7-8)真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)大沼紀子
まよパンシリーズ第5弾。今回、希実と母・律子の久々の対面をきっかけに、希実の出生の秘密を巡りブランジェリークレバヤシをも巻き込む騒動に。このシリーズはこれまでもわりと重い目のエピソードが多かったけど、今回はそのなかでもかなりヘビーだったな。でもそのわりに読後感は悪くない。ブランジェリークレバヤシは朝5時閉店のパン屋さんだから…次でいよいよ完結なのかな。
読了日:6月24日



けいさつのおにーさん (2) (まんがタイムコミックス)けいさつのおにーさん (2) (まんがタイムコミックス)からけみ
素敵な警察官、穂苅くんと手塚さんの4コマ漫画、第2弾。相変わらず癒される〜♪長野県民だけど、車に雪を積んだまま走行すると公安委員会遵守事項違反になることがあるって初めて知った!ためになるなあ。←とはいえ私は屋根の雪も完璧におろしてからじゃないと運転したくない性分^^;
読了日:6月24日





恋と呼ぶには気持ち悪い(1)恋と呼ぶには気持ち悪い(1)もぐす
イケメンで仕事ができるけど女癖の悪いサラリーマン・天草亮と偶然出会った亮の妹の親友・有馬一花は、亮から猛アプローチを受け、それを気持ち悪がり拒否しようとするのに全く諦めてもらえず…というお話。亮の一花に対する言動がいちいちちょっと度が過ぎてるところが可笑しく、一花の毒舌なところも面白い。一花の気持ちに変化が起こってきそうな感じもあるから続きを読むのが楽しみ。
読了日:6月26日



なんてことないふつうの夜に (フィールコミックス)なんてことないふつうの夜に (フィールコミックス)感想
様々な人々の過ごすそれぞれの12の「夜」のお話。ファンタジックなお話が結構多い印象だけどきゅんとしたりほっこりしたりするエピソードが色々あって楽しめた。おまけの打ち上げ編もかなり面白かった。
読了日:6月26日 著者:嶽まいこ
突然ですが、明日結婚します 4 (フラワーコミックスアルファ)突然ですが、明日結婚します 4 (フラワーコミックスアルファ)宮園いづみ
最新刊読む前におさらい。竜、かっこよくて仕事もできるけど時々迂闊^^;次は竜vs神谷だ〜。ドキドキする。
読了日:6月27日








突然ですが、明日結婚します 5 (フラワーコミックスアルファ)突然ですが、明日結婚します 5 (フラワーコミックスアルファ)宮園いづみ
神谷は、あすかを条件が会う相手として結婚したがってたけど無意識のうちにそれとは違う感情も育ってたのかな。でもそれってあすかが竜のことを本当に好きだからなんだと思う。万が一あすかが竜より神谷を選ぶ展開があったとしても、そのあすかは神谷が惹かれたあすかとはもはや違うというか。…それはそうと、クイズ番組収録中の竜がどんな計画のもとに動いているのか、すごく気になるところで終わっちゃって続きがすごく気になる…!
読了日:6月27日



ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)北川恵海
とある理由で勤めていた会社を辞めてコンビニで働いていた修司が同僚から「ヒーローズ」という会社でのアルバイトを紹介されたことで始まる物語。おじいちゃんとかヒーローズの同僚やクライアントの人たちとのやり取りにドキドキさせられたり切なくなったり心が温かくなったりして爽やかな読後感だった。
読了日:6月29日




【バーゲンブック】 作家名でわかる逆引き美術館手帖【バーゲンブック】 作家名でわかる逆引き美術館手帖
アーティスト名からその作品を観られる美術館がわかる本。以前図書館で借りた同じような本は西洋の画家のみの本だったけどこれは日本の作品がたくさん紹介されているのがありがたい。これから訪れたい美術館も色々見つかった。
読了日:6月30日

読書メーター

« 読書の記録2016年5月分 | トップページ | 読書の記録2016年7月分 »

本/読書の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書の記録2016年6月分:

« 読書の記録2016年5月分 | トップページ | 読書の記録2016年7月分 »