2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 短編まんが集『ことのは』 | トップページ | 『ジブリがいっぱいSPECIAL ショートショート』 »

2005年11月21日 (月)

『働きマン』

hatarakiman

は~・・・(ため息)。木曜の午後から有休取ってて人様より余分に休んだら、休みボケでだるいです。そんな時に読んだら気合の入りそうな漫画がコチラ!

安野モヨコ・著『働きマン』(①・②巻)

松方弘子・28歳。男性向け週刊誌『JIDAI』で編集者として働く彼女とその周りの人々の働く姿から「働くイミって?」ということについてイロイロ考えつつ、面白く読める漫画です。じつは、安野モヨコの漫画って初めて読んだんですが(『美人画報』っていうエッセイの本は読んだことあったけど)、すっごい面白いなあと思いました。なにより、主人公・弘子の“ガーーッ”って感じで猛烈に仕事に打ち込む姿に圧倒されます。そして登場人物たちの“自分にとって働くって?”ということに対する考え方に、コレは自分と同じところもあるなとか、自分とは違うなとかスゴイなとか思ったりして、まあカッコよかったりして「汗水たらして働くのも案外悪くないな」なんて思ったりして、働く毎日に元気をもらえる感じです。

« 短編まんが集『ことのは』 | トップページ | 『ジブリがいっぱいSPECIAL ショートショート』 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/7236916

この記事へのトラックバック一覧です: 『働きマン』:

» キャストを当てろ!! [広報宣伝室ブログ]
OPPO勇気です。 この間ブログに書いたマンガ『夜王』が来年からドラマ化するそうです。 ナニィ~!! ってか最近、マンガのドラマ化ばっかりですね。 次回ドラマ化されそうなマンガを予測してみました。 「働きマン」作・安野モヨコ 出版社で働く28歳の女性の話。... [続きを読む]

« 短編まんが集『ことのは』 | トップページ | 『ジブリがいっぱいSPECIAL ショートショート』 »