2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『この世の外へ クラブ進駐軍』onDVD | トップページ | 乾燥防止! »

2005年11月 9日 (水)

小説『パイロット・イン・コマンド』

picseriesここ数日、風邪でダウン気味の私ですが・・・。

具合が悪かろうが悪くなかろうが、本は読むんです。

・・・というわけで、ここ10日ほどかけて読んでいたシリーズに

ついて書いてみようと思います。

そのシリーズというのはこちらの3冊です。

pic内田幹樹・著『パイロット・イン・コマンド』

ストーリーは、ロンドン・ヒースロー空港から成田へ

向かう国際線の飛行機に起きる事件を描いたもので

成田空港到着まであと僅かという頃、エンジンが爆発

事故が起きて・・・というパニック小説みたいな感じでしょうか・・・。

機内で起こる出来事が様々な人の視点から語られていきますが、その中でも

主人公と言えるのは副操縦士(コーパイ)の江波順一。彼が大変な状況へ追い

込まれて行くのです。

サントリーミステリー大賞優秀作品賞受賞作ということなので、ミステリー小説

なんでしょうね(←何を今更・・・)。

それにしては先が読めるところが結構あって、私はちょっと先が読めるぐらい

方が好きなので楽しく読めましたが、どうなんでしょうね??

pic2

パイロット・イン・コマンドⅡ

『タイフーン・トラップ 機体消失』

ストーリーは、台湾から日本に向けて密輸品を積んだ

小型機が台風直撃を受け、沖縄海上で消息を絶つ・・・

というもので、冒頭は密輸グループ側の視点で語られる部分が

ほとんどで、あれ??これって続編だよね??と心配になった頃にようやく

『パイロット・イン・コマンド』にも登場した江波さんが登場します。

しかし、前作での事故の影響・・・ということで彼はまだ乗務に復帰していない

という設定なのです。

じゃあ今回は飛行機を操縦しないんだろうなあ・・・と普通は思うわけですが

またもや大変な事件に巻き込まれてしまう江波さんなのです。

江波さんにパイロットの理想像を与えた人、滝内教官という新しい人物も登場

します。

pic3

そしてシリーズ第3弾がこちら。

パイロット・イン・コマンドⅢ

『操縦不能』

こちらも冒頭には江波さんは登場しないので、アレ??

と思ってしまうのですが、もちろんちゃんと登場します。

しかも、今までで一番過酷な状況に追い込まれてしまうといっても過言では

ないでしょう。・・・たとえて言うなら、目隠しした状態で高速道路を突っ走るよう

な恐怖・・・だそうです。

恐そう~・・・っていうかそんな飛行機に乗っている乗客もコワイ・・・。

・・・こんな事故にあったらやだなあと思ってしまう、航空パニック小説シリーズ

でした。

しかし、そんなことのないようにパイロットの方は定期的に訓練もされているし

機体も整備されているんですよね。

最近の整備不良などなど色々な報道を目にすると不安な面もかなりあったり

しますが・・・。

« 映画『この世の外へ クラブ進駐軍』onDVD | トップページ | 乾燥防止! »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/7003567

この記事へのトラックバック一覧です: 小説『パイロット・イン・コマンド』:

« 映画『この世の外へ クラブ進駐軍』onDVD | トップページ | 乾燥防止! »