2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ASKAコンサートツアー「My Game is ASKA」in長野県県民文化会館。※ネタバレ | トップページ | 車窓より。 »

2006年2月17日 (金)

雨の善光寺参り。

zenkojiASKAさんのライブのために長野へ行ってきました。

ここ数年の間に、長野へは年に一度くらいの割合で行ってはいるのですが、観光地らしいところへはまったくと言っていいほど行ってなかったんですよね。・・・それで、今回は少し早い電車で長野に着いたのと、善光寺の方面に用事があったのでついでといってはなんですが、善光寺へも行ってみることにしました~。

平日(木曜日)だし、雨は降ってるし・・・というせいか善光寺へ着いたものの人はいないし寂しい感じ。天気が悪く、こんな暗い写真しか撮れませんでした。と天気のせいにしてみる^^;
・・・写真は本堂を正面から映したものです。
前に善光寺に来たのっていつだっただろう・・・?と思い返してみたら、小学校の5年と
か6年くらいの時、家族旅行で来たんだったなぁというのを思い出しました。もう15年以上前なんだ・・・。その時は両親と妹、8年前に亡くなった父方の曾祖母が一緒で、善光寺のあとで北向観音へも行ったんだったなぁ。家でも熱心に仏壇に向かっていた曾祖母がこの時も一生懸命に手を合わせていたことを思い出しました。
zenkojimap
善光寺といえばお戒壇めぐり。本堂の入り口で内陣券というチケット(写真手前)を買うと、本堂の内陣への参拝、内々陣の参拝とお戒壇めぐりができるほかに本堂の左手にある経蔵(重要文化財)と、本堂の先にある日本忠霊殿(善光寺史料館)の見学もできるので大人券は一人500円ですが、結構お得かもしれません。・・・まぁ、お得と感じるかどうかは個人の価値観にも関係してくると思うのですが。
・・・見られるものは全部見てくる、そしてブログのネタにしようという主義(・・・)の私はもちろん全部見てきましたとも~。

お戒壇めぐり 子どもの頃に2回ぐらい行っているものの、真っ暗な中でたくさんの人に囲まれてぞろぞろ歩いたっていう記憶しかなくて。今回は一人だしあまり人もいないし・・・コワイかもと思いながらも入ってみました。
ご本尊の安置されている瑠璃壇の下の真っ暗な回廊を通って、途中で極楽の錠前と呼ばれるドアの取っ手のようなものにさわる事で、秘仏であるご本尊とお近づきになる、ということのようです。数年前までは『リング』とかのホラー映画も好きだったんですが、最近は苦手になってしまって(その頃見すぎて恐怖が募ったとも言える)、暗いところは苦手なのでちょっと不安はありましたが・・・思ったよりも怖さはなくて。
つまり、ホラーでいうところの暗闇って、「ナニか」が出てくることが前提ですけどもお戒壇めぐりはそうじゃないので、わりと平気でしたね~。無事に極楽の錠前にもさわってくることができました。

経蔵(重要文化財)
本堂の正面左手にあって仏教の経典全てを網羅した一切経というものが収められているそうで、この建物の中には、コマのような形をしている輪蔵(りんぞう)という書庫があり時計回りの方向に回すことができ、これによって一切経を読んだのと同じ功徳が得られるのだそうです。

日本忠霊殿(善光寺史料館) 戊辰戦争から第二次世界大戦までの戦争で亡くなった人々の霊を祀っているのだそうです。そして地下は史料館になっています。
ここで私が面白いなと感じたのは様々な絵馬です。絵馬というのは感謝や願いをこめて仏神に奉納する額のことをいいますが、それより以前は本物の馬や造り馬を奉納していたものが、馬の絵を描いた額になり、やがて馬以外の絵を描いたものに変化していったものだそうです。四十八度大願成就という名の蓮の花が描かれた
美しい絵馬は善光寺へのお参りを四十八度できたことを如来様に感謝して奉納されたそうです。とても強い意思と信仰心がなければ出来ないことだと思います。
・・・また変わったものでは和算という絵馬がありました。和算とはその昔、日本人が独自に研究した優れた数学のことですが、この絵馬には5つの図形が描かれその解き方と答えが記されています。江戸時代に盛んになったこの和算、微分・積分などにあたるものまで研究されていたらしく、ひとつの問題を解くのに1年とか2年、場合によってはそれ以上の年月を要したこともあったそうで、そういった問題が解けたときにそれを仏神に感謝してこういった絵馬が奉納され、こういった絵馬を算額というそうです。
今でも「○○大学に合格できますように」なんて絵馬に書いて奉納したりしますが「お陰様で合格できました」という絵馬もアリなんだなっていうのを思ったりしました。
この史料館では「般若心経一字写経」というものをやっています。般若心経の中から一字だけ選んで写経して願い事を書いて納めるのです。私は今年も色々なものと出会って知識を深めたいという願いを込めて「識」という字を選びました。
omikuji
・・・さて、最後におみくじをひいてみました。普通のおみくじは1本100円ですが、お守りがついていたりする200円とか300円のおみくじがいろいろとありました。まぁおみくじ自体は普通のと一緒なんですけどねぇ・・・。
私は200円の血液型おみくじをひいてみました。結果は吉。まぁまぁじゃないでしょうか・・・。
入っていたのは招き猫のお守り。商売繁盛とか、あと財宝を呼び込むとかのご利益があるそうで・・・お財布の入れておくことにします。・・・買い物の時に間違って小銭と一緒に出しそうな気がするけど^^; ・・・なんだか予想外に楽しんだ善光寺参りでした~。

« ASKAコンサートツアー「My Game is ASKA」in長野県県民文化会館。※ネタバレ | トップページ | 車窓より。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/8710873

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の善光寺参り。:

« ASKAコンサートツアー「My Game is ASKA」in長野県県民文化会館。※ネタバレ | トップページ | 車窓より。 »