2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 杏仁ミルクティー。 | トップページ | 会報&ステッカー。そしてツアーだ♪ »

2006年2月15日 (水)

映画『スーパーの女』onDVD

super

今月公開の、話題の映画『県庁の星』。この原作小説を、映画化されると知らずに読んで真っ先に思い浮かべたのがこの作品でした。数年前、テレビでやってたか何かで見たきりで、あやふやだったのでちょっと見てみました~。

映画『スーパーの女』

スーパー正直屋の専務・五郎(津川雅彦)は、売り上げが伸び悩み従業員の覇気もない店を抱え途方に暮れていました。そんな時、近くに出来たライバル店に偵察に出かけ、幼馴染の花子(宮本信子)と偶然出会い、スーパー大好きでしかも鋭い視点を持った花子を正直屋で雇い、問題点の解決を依頼することに・・・。


とにかくコメディーとしてとても面白くて、何回も何回も笑いました。普段お客さんとしてスーパーに行くと、当然、外から見える部分しか分からないのですが、この映画で裏側をちょっとのぞけたなという感覚もあり、また、後半には色々とアクション的なシーンがあって緊張感というかスリル感もあって、サービス精神満点な感じでなかなか楽しい作品でした。また、花子役の宮本信子さんのかっこよさが、最近解るようになってきたなぁというのをあらためて感じました。『マルサの女』とか、久しぶりに見なおしてみたいですね。

« 杏仁ミルクティー。 | トップページ | 会報&ステッカー。そしてツアーだ♪ »

映画」カテゴリの記事

DVD・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『スーパーの女』onDVD:

« 杏仁ミルクティー。 | トップページ | 会報&ステッカー。そしてツアーだ♪ »