2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『LOVE SONG』onDVD | トップページ | 「狂言劇場その参」in世田谷パブリックシアター。 »

2006年3月 3日 (金)

2回目だけどまだまだ書きます♪「My Game is ASKA」in日本武道館。

askaposter行ってきました~。ASKAさんのソロツアー
「My Game is ASKA」 武道館公演♪
会社で「この間も見に行ってたじゃん。同じヤツでしょ??」
というツッコミをうけつつ・・・。
でもいいんです!2回だって何回だって行くんですよ、
好きだから。
mgabさて、会場である日本武道館に到着
したのは開演30分前の午後6時頃。
もうグッスも買わないし、これくらいの
時間で充分だよねってことで。
・・・一般発売日に大ボケをかました
せいで、今回取れた席っていうのが
2階席の後ろから2列目で、ステージ
ほぼ真横っていうとんでもない所^^;
武道館のスタンドってすっごく高いん
ですよね~・・・。武道館って、天井に大きな日の丸が架かってるんですが・・・
これと目の高さがほぼ同じと言ったらどれだけ高い場所に私が座ってたかって
いうのを解っていただけるでしょうか。

※えー・・・おそらく不要だとは思いますが、いちおう書きます。
  この先詳しい曲目などは書きませんがネタバレ含みますので、ご注意を!
  曲目などについては地元公演のレポで詳しく触れていますので併せて読んで
  頂いてもよろしいかと。こちらの方がネタバレ度は高いですからさらにご注意を!
 
・・・開演時間になり、照明が落ちたとき。
ステージの青い光だけが会場を照らしていましたが、このとき天井に近いところに
座っていた私には、武道館が巨大なコロセウムになったみたいに感じられました。
何て言うのか・・・天井が闇に溶けたみたいになって夜空がそこにあるみたいな
とても不思議な感覚でした。

2回目ということもあり、ある意味落ち着いて、でも楽しみどころはしっかり押さえて
楽しむ!っていう初めてじゃないからこその楽しみ方っていうので堪能しました♪
ASKAさんの声は、長野のときも良かったけど、今回のほうがさらに良かった気が
しました。
CDとかで聴いていても、ASKAさんの「おぉ~どこまで伸びるんだぁ」っていう位の
声の伸びは本当にすごいなと思いますが、やっぱり生はさらにいい♪
月に近づけば少しはましだろうは本当に本当にすごかった!
前回同様、ぐらぐらと心を揺さぶられてしまいました。
もう、涙がココまで出かかってて・・・泣いちゃったほうが楽なのにどうして出てくれ
なかったのさ、私の涙よ。映画やなんかでは涙もろくてすぐ泣いちゃうってのに。

長野でのライブの余韻に浸るように、ASKAさんのアルバムをず~っと聴いていた
私ですが、そんな中でも1997年発売の『ONE』というアルバムは、当時大好きで
本当によく聴いていたなっていうのをあらためて思い出しました。
そのアルバムの曲から演奏された曲、風の引力では、間奏の間にステージ横に
歩いていこうとするんだけど、歌が始まっちゃう~って感じで慌てて戻る・・・みたいな
パフォーマンス(だと思う)で楽しませてくれたり。この曲辺りから、お客さんは立って
盛り上がる感じなんですが、この後トークで「バッグ置きつつ、バラバラと立ち上がる
1万人」みたいな感じで言ってて。・・・まぁ狭いからひざの上に荷物とか置いてるし
周りが立ち上がったから私も・・・っていう感じだったりするからねぇ・・・。しょうがない
っちゃしょうがないよねぇ^^;
君が家に帰ったときにの前のトークは、曲について語ってるところが前の時よりも
長々と・・・イエイエ詳しくっていうのかパワーアップしててっていうのか、なんだか
面白かったんですが。曲についてはですね・・・この曲の季節は、春になりかけてる
かなっていう感じで、空気はしんと冷えてるんだけど、なんだか陽射しは温かくなり
つつある・・・そんな光景を想像しつつ聴きました。

you & meでは、このツアーでは女性コーラスとして参加しているSHUUBIさんと
ASKAさんのデュエット。私は彼女の歌声が結構好みなので、今回も聴くのがすごく
楽しみでした♪・・・うん、やっぱり好きだなって思いましたねぇ。
ぜひアルバムも聴いてみなくては・・・と長野のときに思って結局聴けてないし^^;
・・・後半、ロックな曲でガンガン盛り上がっていこう~♪という時間がやってきます。
共謀者Now花は咲いたかなどなど・・・。
やっぱりライブはこれも楽しみなんだなぁ♪と強く実感。
とくに晴天を誉めるなら夕暮れを待ては腕が痛くなっても頑張ってしまいました。
アンコールでは、布施明さんの君は薔薇よりも美しいを熱唱。自分の曲か?って
思ってしまうほどに気持ちよさ気に歌ってて、楽しそう~と思いました。
そしてやっぱりはじまりはいつも雨。ここでも澤近さんのピアノは素敵でした~♪
もうドキドキです♪

ASKAさんが「CHAGE&ASKAっていうバンドは方向性っていうのがあまり決まって
ないバンドで」と言っていたけれど、ファンになってからというもの、ずっとすごく刺激を
もらってきたのでそれが私にとっては良かったなぁと思い返したりしました。
もちろん「こういうのは好きじゃない」って思ってしまってあるときに聴くのをやめた人も
きっといるだろうけど。
でもこれからだってずっと、ASKAさんとCHAGEさんは、私の中では大きな存在で
いつづけるんだろうなぁと、あらためて思いました。
・・・CHAGEさんといえば、トークの中でASKAさんがしきりに相棒、相棒とCHAGE
さんの話もするので、CHAGEさんにも会いたくなってしまいました。
あぁCHAGE&ASKAのライブが待ち遠しいっ♪・・・気が早いですね・・・。
そんなわけで(?)ASKAさんのソロツアーを見納めたのでした~。

おまけ ツアートラック
mgatk今回は撮れましたー。
田安門のすぐ内側のところで、他にもカメラに収めている人
たちがいっぱいいたので、混ざってみました^^;
でもロゴのところが暗くて上手く映らなくて残念・・・。

写真は撮れませんでしたが、玄関のところにお祝いのお花が
たくさん届いていました。
今回のツアーパンフレットでASKAさんと対談している
楳図かずおさんや、たぶんミュージックフェアつながりで恵俊彰さん、
あとジブリの鈴木敏夫プロデューサーなどなど。

« 映画『LOVE SONG』onDVD | トップページ | 「狂言劇場その参」in世田谷パブリックシアター。 »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

うわー今、自分のを書き終えて読みに来たけど
すごい!
とにかくすごいよこのレポ。
私のなんてお子様だわー(^-^;
かなり省略してるし。

なんだかレポに感動して
更に余韻に浸ってます。
ますますASKAさんが大好きになった、
そんな素敵なライブだったね!

>えりこさん
えりこさんの感想も読ませてもらったよ。
そしてTBもさせてもらいました♪
「月が~」は、ASKAさんの声がすごかったのもあるけど、歌詞が心に染みたね。
気が早いけど、また早くASKAさんに会いたいね。
そして今度はCHAGEさんとも会いたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» MY GAME IS ASKA 武道館初日。 [安息の日々]
東京に行ってきました。 今回最後のASKAさんのライブを観るために… 東京は少し雨模様。 暖かかった。 久々に訪れた街は、やっぱり汚かった。 ごめんなさい、東京の皆さん。 さて。 席は、天井につきそうなくらい上で、(二階の後ろから二列... [続きを読む]

« 映画『LOVE SONG』onDVD | トップページ | 「狂言劇場その参」in世田谷パブリックシアター。 »