2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« うどん・・・ですか?? | トップページ | 緑茶カテキン透き通ったミントのおいしいのど飴 »

2006年3月15日 (水)

『青の時代』

blueきのう、おとといの冷え込みが嘘のように暖かい日に

なりました。・・・とはいえ、建物の中で仕事をしていると

春らしい空気というものをあまり感じることが出来なくて

残念ではありますが。

それでも用事があって、ちょっとだけ外に出たとき

風は少しひんやりしていたものの、陽射しの温かさに「あぁもうすぐ春なんだなぁ」と

感じずにはいられませんでした。

・・・さて、最近巷でちょっとした話題になっているという本を読んでみましたので

その感想でも。

三島由紀夫・著 『青の時代』

ストーリー・・・

地方の名家に生まれた川崎誠が父親への反発を抱きながら成長し、東大へと進み

ますが、詐欺に遭い大金を失ったことから、今度は自ら金融会社を設立することに。

その事業は、順調にいくかに思われたのですが・・・。

感想・・・

まず、なぜこの本が今話題になっているのか、というところから。

上の写真、本にかけられているオビの文字が読めるでしょうか。

「ライブドアショックで いま、話題沸騰!!」とあります。

この小説、昭和24年に日本を騒がせた≪光クラブ事件≫をベースに、三島由紀夫に

よって書かれたものなのですが・・・。

余談ですが、三島作品には実話を元に書かれた作品というのは結構あって『金閣寺』

とか、昨年映画化されて話題になった『春の雪』なんかもそうですね。

・・・光クラブ事件とは昭和23年9月に、当時東大の学生だった山崎晃嗣が高利貸の

ヤミ金融「光クラブ」を設立し、またたく間に事業は急成長し一躍時代の寵児となった

ものの、物価統制令、銀行法違反の容疑により逮捕。事業は急速に破綻し、大勢の

債権者と多額の債務を抱え頓挫。会社整理の結果、返済のめどがつかない債務を

残し24年11月、青酸カリによる服毒自殺を遂げた、という事件。

えー・・・つまりですね。

「自らビジネスを立ち上げ、急成長させた経営者が一躍有名人に」

「しかし、その事業上で法を犯し、逮捕」

「その結果ビジネスは破綻」

この辺りが昨年末から続く、いわゆる「ライブドアショック」に似ているっていうことの

ようでして。読んでいる最中は、どこが似てるのかなぁこの主人公。とか思っていた

んですが。こうやってまとめてみると結構似てるなぁと感じました。

« うどん・・・ですか?? | トップページ | 緑茶カテキン透き通ったミントのおいしいのど飴 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/9103502

この記事へのトラックバック一覧です: 『青の時代』:

« うどん・・・ですか?? | トップページ | 緑茶カテキン透き通ったミントのおいしいのど飴 »