2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『三年身籠る』in松本CINEMAセレクト自主上映会。 | トップページ | 4月の映画。その後 »

2006年4月30日 (日)

映画『大いなる休暇』onDVD

Vacation昨年は、映画館で予告編を見て面白そうだったから観に行こう!と思った作品っていうのが結構あったんですが。・・・イヤ、それは今も変わらないんですが、最近はDVDで映画を観ることも多くなってDVDについている作品情報で、今まで知らなかった作品にも出会うようになりました。今回はそんなきっかけから観た作品です。


映画『大いなる休暇』 

カナダにあるサントマリ・ラモデルヌという小さな島は、かつて漁業で栄えていましたが現在はそれも廃れ、島民のほとんどが生活保護を受けて生活しています。そんななか、プラスチック工場を誘致する計画が持ち上がりますが、誘致の条件は「島に定住する医者がいること」・・・長いこと無医島だった島に、とにかく医者を呼ぼうということになり、折りよく訪れた青年医師クリストファを「この島に住みたい」と思わせようと島民が一致団結、彼を騙そうと躍起になりますが・・・。

面白いんだけど、切実で・・・ついつい笑っちゃうんだけどなんだか最後はジーンと感動させられます。島の産業が廃れ目的を失い、島の外に職を得て出て行く人。仕事のあてもなく、また島を出ようとしない人々が生活するさま・・・。そんな島の人々にとって「人を騙す」という、あまりよろしくないことではあっても何かに夢中になるっていうことがどれだけ大事で、求めていたことなのか・・・というのが伝わってきました。

« 映画『三年身籠る』in松本CINEMAセレクト自主上映会。 | トップページ | 4月の映画。その後 »

映画」カテゴリの記事

DVD・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『大いなる休暇』onDVD:

« 映画『三年身籠る』in松本CINEMAセレクト自主上映会。 | トップページ | 4月の映画。その後 »