2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 祝・本屋大賞2006『東京タワー』リリー・フランキーさん。 | トップページ | 小説『チーム・バチスタの栄光』 »

2006年4月 7日 (金)

当たるとは思えないけれど。

Travelよく行く本屋さんで見つけました。

「トラベルミステリーフェア」だそうです。

私は最近あまりトラベルミステリーを読まないので

あまりピンと来なかったりしますが・・・。

昔は「浅見光彦シリーズ」(内田康夫・著)とかよく

読んだんですがね~・・・。

えぇと、メインの話題はトラベルミステリーではなくてですね。

写真の彼、サッカーの宮本恒靖選手です。このPOPだけじゃなくて、並んでいる

新刊に付いているオビにも宮本選手の写真が入っていて、講談社文庫の棚の平積み

スペースが宮本選手で溢れていました。

2002年の日韓共催W杯の時に初めて見た時に「あ、この人マスクしてるけどなんか

かっこいいんじゃない?」とか思ったという・・・。

早いもので、今年の6月にはドイツでW杯が行われるわけですよね。

普段それほどサッカーを見ないんですが、W杯とかオリンピックとかの大きな大会に

なると、ついつい一生懸命見てしまいます。

・・・話題を少し、本に戻して。

応募券2枚1口で、宮本選手のサイン入りグッズ(サッカーボール・図書カード・ブック

カバー)が10000人に当たるプレゼントへ応募できるそうです。

このキャンペーンは3月~5月までで、新刊本とフェア本が対象だそうです。

当たるとは思えないですが、せっかくなので応募するだけしてみようと思いま~す♪

Books←そんなわけで(?)買ったのが、こちらの2冊。

(左) 吉田修一・著 「日曜日たち」
東京で暮らす、別々の「5人がそれぞれに主人公という
5つの短編が、ちょっとづつリンクしています。
そして5編すべてに登場する、「ある登場人物」の
ストーリーも同時に進行していきます。

(右) 高田崇史・著
「QED 竹取物語」
日本最古の小説『竹取物語』の知られざる裏側、みたいな感じのエピソードと
登場人物の身近で起こる殺人事件がミックスされています。
なんか、すごく難しいんですが「へぇ~・・・」と思わず言ってしまうところがたくさん
でてきました。

関連リンク
講談社のHP

« 祝・本屋大賞2006『東京タワー』リリー・フランキーさん。 | トップページ | 小説『チーム・バチスタの栄光』 »

「本」カテゴリの記事

コメント

実はご存知かもだけど
宮本さん命!なえりこです^_^;
講談社のもちろん目に止まったよー。
でも欲しい本が無くて…
無理矢理買おうかな?(笑)

>えりこさん
ええ知ってますとも*^^*
いいよね宮本さん♪
私も、今回はたまたま良さそうな本があったんだけど
いつも「もっといい本をフェアにしてくれ~!」と
思うよ^^;
5月までらしいから、それまでに読みたい本が見つかるといいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/9478062

この記事へのトラックバック一覧です: 当たるとは思えないけれど。:

« 祝・本屋大賞2006『東京タワー』リリー・フランキーさん。 | トップページ | 小説『チーム・バチスタの栄光』 »