2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« パイナップルポッキー。 | トップページ | 六本木ヒルズをウロウロしてみました。 »

2006年5月16日 (火)

「ダ・ヴィンチ・コード展」in六本木ヒルズ。

Davinch2先週の土曜日は映画を観るために東京へ行ったわけなんですが。せっかくだから、他にもどこかへ行こうかな・・・と思いついたのが、こちら。
「ダ・ヴィンチ・コード展」
六本木ヒルズ 森タワー52階
森アーツセンターギャラリーにて6月23日(金)まで。

小説または映画の『ダ・ヴィンチ・コード』に登場する名画や名シーンなどが再現された、デジタルミュージアム。
<Scene1・夜のルーブル美術館>
夜のルーブル美術館で館長が謎の死を遂げたところから物語は始まります。その場面が再現されていたり、『モナリザ』や『ウィトルウィウィス的人体図』、そしてロンドンとパリに1枚ずつ存在する『岩窟の聖母』の比較など。『ウィトルウィウィス的人体図』はローマ建築の基本は円形と方形の組み合わせであるというものを、人体に応用したものですが、これを見て思い出したのは円や四角、三角などの図形の組み合わせで動物を描いた絵手本を残している日本の浮世絵師・葛飾北斎。マルチな才能を持ったところなんかはよく似ているなぁと思いました。
<Scene2・暗号に挑戦>
チューリッヒ保管銀行に預けられたクリプテックスには、聖杯伝説の謎が。映画の中で使用された小道具・クリプテックスも展示されています。また、コンピュータ画面を使用して、暗号の解読を体験することができます。
<Scene3・名画に隠された暗号>
シャトー・ヴィレットで明かされる、名画の秘密と聖杯伝説の謎。キリスト教の歴史と名画に隠された聖杯の正体へ迫ります。キリスト教や宗教画、映画や小説に登場する言葉について、タッチパネルで操作して調べることができます。
<Scene4・『ダ・ヴィンチ・コード』の風景>
フランス・イギリス・スコットランド・・・小説に登場し、映画の撮影も行われた場所をデジタル映像で楽しめます。物語に登場するスマートカーも展示されていますが、コロンと丸くて小さなかわいい車です。
<Others・デジタルシアター『最後の晩餐』>
イタリア・ミラノにあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ聖堂の本物を見上げているかのような感覚の実物大『最後の晩餐』オリジナル・ムービー。

映画公開まであと4日。
これから小説を読み直そうと思っていますが、風景とか名画とかのイメージをしながら読むのがすごく楽しみになりました。

« パイナップルポッキー。 | トップページ | 六本木ヒルズをウロウロしてみました。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画」カテゴリの記事

コメント

六本木行ったときに知って
興味はあったんですが、
そのまま流しちゃったんですよねー…(;・∀・)
かなり内容充実みたいですね!
見たくなっちゃいました!

>あさひなさん
1500円ってけっこう高いなぁ~とは思ったんですが、本物の絵画を見るようなわけにはいかなくても、勉強にもなるし、物語の世界をイメージするのも楽しいですよ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/10100669

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダ・ヴィンチ・コード展」in六本木ヒルズ。:

« パイナップルポッキー。 | トップページ | 六本木ヒルズをウロウロしてみました。 »