2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 3ヶ月に1度。 | トップページ | 7月の映画。 »

2006年6月30日 (金)

6月の映画その後。&上半期。

Movie66_1 なんか・・・毎月毎月同じことばっかり言っていて芸がないなぁとは思いますが、言わずにいられません・・・。・・・あぁもう6月も終わりなんて。早すぎる。だって2006年が、もうすでに半分終わってしまっただなんて。あぁ。
・・・気を取り直して、今月観た映画のまとめを。

今月、映画館で観た映画
(映画のタイトルから、このブログ内の感想記事へリンクしています)

『花よりもなほ』
・・・仇討ちをするため江戸へやってきたお侍さんが長屋の人々との交流が生き生きと描かれていました。あまり時代劇っぽくなかったですが、なかなか面白かったです。個人的には、木村祐一さん・宮沢りえさん・加瀬亮さんが印象に残りました。あ、あと石橋蓮司さんの「あぁこういうおじちゃんいそうだわ~」ってかんじの信州弁も。

『インサイド・マン』・・・銀行に押し入り捕まらずに見事逃げることができるのか。どんな風にして完全犯罪をやりとげるのか、どきどきしながら観ました。かなり奇抜な感じではありました。そうそう。『スマステ』でやっている「月イチゴロー」の6月分でゴローさんが1位に選んでましたね。面白かったんだけどそこまででは・・・っていうのが私個人の感想かな^^;

『トリック劇場版2』・・・シリーズ最新作にして完結編(いちおうね)。天界へ自由に行き来できるという霊能力者に、物理学者の上田と自称・超売れっ子マジシャンの山田奈緒子が挑む推理活劇。真面目に観ようとすると「は?なんだこれ?」みたいな感じでしょうが・・・ここはひとつ肩の力を抜いて、ゆるい笑いを楽しむつもりで。元ネタ知ってると、おかしくてしょうがないんです。片平なぎささんとかね・・・。

『タイヨウのうた』・・・陽に当たれないXPという病気でありながら、歌うことが生がいの少女と、彼女が偶然目にしたサーフボードを抱えバス停に佇む少年のラブストーリー。なんか、切ないなぁ・・・そういう感じ。主人公・薫役のYUIさんの歌がいいんだなぁほんと。薫のお父さん役の岸谷五朗さんがまたいい味出してて。

『バルトの楽園』・・・第一次世界大戦中、日本にあった捕虜収容所のドイツ兵収容所の所員、そして地域の人々との交流、国境を越えた人々の絆を描いたお話で、ほのぼのとした感じがとてもいい感じです。そして、なんと言ってもクライマックスの『第九』が感動的で。クラシックが聴きたい、そしてできればベートーヴェン!と思っていた私には、ストライクど真ん中でした。

以上、今月映画館で観たのは5作でした。

おまけ・DVDでみた映画

『シークレット・ウィンドウ』・・・「俺の小説を盗んだだろう」突然あらわれた謎の男から、身に覚えのないことを言われ、つきまとわれる人気作家の周りで不可思議な事件が立て続けに起こる・・・という物語。ちょっとゾっとしますね。で、最後には「あぁそういうことか」って感じでさらにゾっとさせられる、っていう。
                 
おまけ2・上半期のまとめ

1月1日~6月30日
映画館で観た映画29作(2005年公開2作含)(うち邦画19作、その他10作)
DVDで見た映画20作(うち邦画14作、その他6作)
合計49作 (うち邦画33作、その他16作) 

良かった映画5作まで
邦画 『LIMIT OF LOVE 海猿』 『ピーナッツ』 『嫌われ松子の一生』『THE有頂天ホテル』 『間宮兄弟』
その他『プロデューサーズ』 『ダ・ヴィンチコード』 『SPIRIT』
DVD 『運命じゃない人』 『パイレーツオブカリビアン呪われた海賊たち』 『雨に唄えば』 『リンダリンダリンダ』 『サマータイムマシンブルース』

« 3ヶ月に1度。 | トップページ | 7月の映画。 »

映画」カテゴリの記事

DVD・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

りみっとさんは毎月たくさん映画みてらっしゃいますねー。
『タイヨウのうた』は予告編だけでも涙。

(りみっとさんのブログの「ほんだな」を見て)
話はずれますが、DVDで姑獲鳥の夏をやっと観ました。堤真一さんいいですね~。キャスティング良いです☆
実相寺監督の映画のお得意、怪奇ミステリーの作り方も好きだし。
民俗学的にもおもしろかったです。

>ななおさん
お。『姑獲鳥の夏』見られたんですね~。
ちょっと、ジメっと怖い感じがよく出ていますよね。
堤さんはもちろん大好きなんですが、個人的には永瀬正敏さんとか、雨上がりの宮迫さんもいい感じだなぁと思いましたよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月の映画その後。&上半期。:

« 3ヶ月に1度。 | トップページ | 7月の映画。 »