2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« とうとう買ってしまいました・・・。 | トップページ | 電源入れてみました・・・。 »

2006年6月 5日 (月)

映画『シークレット・ウィンドウ』onDVD。

Swちょっと前に、『パイレーツ・オブ・カリビアン』をDVDで観てから、ジョニー・デップの他の出演作品もぜひ観てみたいと思ってはいたんですが。タイミングが合わなくて、というか・・・借りては来たものの観る時間がなくて返すとかいうこともありつつ、ほんとうにようやく!観ることが出来ました~。


映画『シークレット・ウィンドウ』

人気作家モート・レイニー(ジョニー・デップ)のもとにあらわれた謎の男シューター(ジョン・タトゥーロ)。彼は「俺の小説を盗んだだろう」と言い、身に覚えのないモートにつきまとうように。それから立て続けに起こる、不可思議な事件の数々。その先にある、予測不可能の結末とは。


「予測不可能の結末」って、DVDの外側のパッケージに書いてあったんですが途中で、なんとなく読めてしまった私はいったいどうすれば。・・・いえ、私はそういうの楽しんじゃうっていうか、すこし先が読めてるくらいっていうのも結構好きだったりするので、わりと面白かったです。なんとなく分かった~♪とか思っていたわけですが、本編を観終ってから、特典映像の、デビット・コープ監督による解説つきメイキング映像を見て、えっそんなところにもそんな意味が??みたいなのがあってびっくりでした。とにかく、すごく細かいところに結末に繋がるようなヒントがあって・・・そこまで考えるんだ?っていう。ジョニー・デップの演技も、なかなか迫力があって・・・なんていうか・・・ついつい引き込まれるっていうのか。同情したり、恐ろしい、と思ったり。
日本人以外の俳優さんでは、ここ何年も特定の人にはまった~!みたいなのはなかったんですが。・・・ちょっとはまってしまいそうですね。

« とうとう買ってしまいました・・・。 | トップページ | 電源入れてみました・・・。 »

映画」カテゴリの記事

DVD・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『シークレット・ウィンドウ』onDVD。:

« とうとう買ってしまいました・・・。 | トップページ | 電源入れてみました・・・。 »