2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 電源入れてみました・・・。 | トップページ | ネットに接続してみました・・・。 »

2006年6月 7日 (水)

映画『花よりもなほ』

Hana時代劇かぁ~・・・面白いのかなぁ・・・と最初はちょっと
観に行こうかどうしようか、と迷ってたんですが。予告編とか見てるうちに、なんか面白そうだなぁって感じになって、結局行くことに。始まる前にパンフレット見てたら、おぉなんか色んな人出ててすごいじゃん!と・・・期待が膨らみました~。


映画『花よりもなほ』


時は、元禄十五年。今から三百年ほど昔、父の仇討ちのため信州松本から江戸に出てきた宗左衛門(岡田准一)ですが、実は剣がからきしダメな男。仇討ちの相手を探し長屋で暮らし、貧しいながらも人情深い人々と触れあううちに“仇討ちしない人生”という選択肢があることを知ってしまうのですが・・・。


いや~時代劇で笑っちゃうなんてねぇ?とかなり意外でしたが、なかなか楽しめる感じでした。最初、朝のシーンで長屋に住む人たちが次々に姿をあらわすところは、コミカルで生き生きして・・・ワクワクさせてくれます。長屋のメンバーは宮沢りえさん演じるおさえの美しさ(たすきをサっとかける仕草がきまっててかっこよかったです♪)とか、田畑智子さん演じるおのぶに可愛らしさや木村祐一さん演じる孫三郎の、ほのぼのする感じの中ですごく鋭いことを言ったりする、意外な一面とか。色々なところで楽しませてくれます。また・・・私は長野県人なので、岡田くん演じる宗左衛門が松本から江戸に行ったというところにも、ちょっと、おぉ?って感じで。岡田くんの台詞に信州弁らしいところは感じなかったんですが、宗左衛門の叔父の庄三郎役の石橋蓮司さんは「あぁこんな人いそうだ~」と思ってしまうほど自然で。
あとは、弟の宗右衛門役の勝地涼くんも「ん?今のそうかな??」っていうくらいにほんの僅かに、信州の言葉の雰囲気がありました~。
そして“仇討ち”がテーマってことで、赤穂浪士のエピソードも加わっているところもなかなか面白かったです。

« 電源入れてみました・・・。 | トップページ | ネットに接続してみました・・・。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『花よりもなほ』:

« 電源入れてみました・・・。 | トップページ | ネットに接続してみました・・・。 »