2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« あらしの後で。 | トップページ | 雨上がりの庭より。 »

2006年7月23日 (日)

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』

Pocdmc本当だったら、先週の3連休にあった先行上映に出かける予定だったんですが。他に観たい作品があったりとか、まぁ色々で今週観てきましたー。


映画『パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズ・チェスト 』

海賊の血を引く青年ウィル(オーランド・ブルーム)と、その恋人で総督の娘エリザベス(キーラ・ナイトレイ)は待ちに待った結婚式の当日、かつて海賊船の船長ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)の逃亡を助けた罪で逮捕されてしまいます。釈放の条件はジャックが持つ「北を指さないコンパス」を手に入れること。一方のジャックは、不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返したものの、そんな彼に逃げることの出来ない運命が・・・。13年前、ブラックパール号の船長となるため、海賊達が最も恐れている「深海の悪霊」デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)“血の契約”を交わしていて、その期限が切れた今、彼の魂を取り立てるため、海底で巨大な闇の力が動き出していたのです・・・。「パイレーツ・オブ・カリビアン」3部作の第2弾。


今回もかなり楽しめました~。
3部作ということですが前作「呪われた海賊たち」が、これだけで完結するようなラストシーンだったのに比べると、まぁ当たり前なんですが今回の「デッドマンズ・チェスト」と来年5月公開の次回作との2本で1つのストーリーという形になっていて、ラストは「えっ?」というびっくりするようなシーンで終っていますねー。
これは、次回作が早く観たくなります!
それにしても、やっぱりジョニー・デップのジャック・スパロウはいいですね。今回の作品が、予告編で見たときにあまりにも面白そうだったんで前回のを遅ればせながら・・・というかんじで観たとき、もう虜になってしまったわけで。今回もあの、酔っ払っているみたいな不思議な雰囲気はそのままで。オーランド・ブルームも、なんというか力強く、たくましいかんじで素敵でした。キーラ・ナイトレイも、今回は可愛く綺麗なだけじゃなく凛々しいところもあってなかなかよかったです。そして、剣で戦うシーンがスピード、スリル満点でドキドキしました。・・・長い長いクレジットのあと、ほんの短いシーンが残っています。ぜひぜひお見逃しなく・・・。

« あらしの後で。 | トップページ | 雨上がりの庭より。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« あらしの後で。 | トップページ | 雨上がりの庭より。 »