2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 『奔馬 豊饒の海(二)』 | トップページ | 映画『デスノート』(前編) »

2006年7月 7日 (金)

映画『サヨナラCOLOR』onDVD

Sayonara_2去年公開されたときに、ちょっと気になってはいたんですが・・・近くで上映しているところがなかったりして観逃していました。で・・・ようやくレンタルしました。(しかも7泊OKになるまで待ったので、かなり時間がかかってしまいました^^;)


映画『サヨナラCOLOR』


海の側の病院に勤める医師・正平(竹中直人)のもとに患者としてやってきたのは、正平の高校時代の同級生で初恋の人・未知子(原田知世)。・・・しかし彼女はすっかり彼のことを忘れているようす。子宮ガンを患っている未知子に献身的な治療をしながら、なんとか自分のことを思い出してもらおうとする正平。そんなしつこい彼のことを迷惑に思っていた未知子でしたが、だんだん心を開くようになっていきます。治療の甲斐あって、未知子のガンは手術できる状態にまで回復します。ぜひ自分の手でその手術をしたい、と意気込む正平ですが、彼の体調を心配する後輩医師・前田(内村光良)の薦めで子宮ガンの権威・巌岳(中島みゆき)が担当することになり・・・。


じつは、竹中直人さんの監督作品を見るのはこれが初めてだったんですが。なんていうんだろう・・・すごくいいですね。雰囲気が。やわらかくて、あたたかいかんじがして、それでいてなんだか切なくて。最初、初恋の人に対する正平の行動とか、高校時代のシーンに出てくる正平とか・・・一歩間違ったらストーカーでは・・・?みたいな感じがあって、なんだかなぁなんて思ったんですけど。でもなんか・・・、未知子に対する切ないほどにまっすぐな想いがすごく伝わってきて・・・特に後半は、何度も目頭が熱くなりました。そして原田知世さんが可愛らしく、美しく、透明感があって・・・すごく素敵。映画全体の雰囲気も、水彩絵の具みたいな透き通った印象だったんですがそのイメージぴったりというか。その原田さん演じる未知子の恋人・雅夫役の段田安則さんは、最初に登場したとき、え・・・誰?とか思ってしまいました。なんか、全然見た目が、普段テレビなどで見かけるのとあまりにも違ってたので・・・。また患者さん役で、おばあちゃん役といったらこの人!という原ひさ子さんが出演されていて・・・ほんわりあたたかい気持ちになりつつも、もうこれから先新しい作品で見ることは出来ないんだなぁと思うとなんだか寂しくもあり・・・。

« 『奔馬 豊饒の海(二)』 | トップページ | 映画『デスノート』(前編) »

映画」カテゴリの記事

DVD・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

見たい!竹中直人さんは俳優としても監督としても好きです。
昔の作品「119」や「無能の人」もおもしろいですよ。
原ひさ子さん、また観たいですね。ほんとに惜しい。
原田知世さんは、ますます良くなっていきますね。「時をかける少女」の透明感はそのままで、どんどん広く美しくなっている。いくつになっても声がきれいですね~。

>ななおさん
ぜひ観てください。かなりオススメな感じです♪
竹中直人さんの昔の作品も、機会があったらぜひ観たいなぁと思います。
原ひさ子さんは、自分のおばあちゃんだったらいいなぁと思うような素敵な女優さんでしたね。
原田知世さん、映画の舞台挨拶でいちど、生で見る機会があったんですが、どうしてこんなに美しくてかわいらしいんだろう・・・って感じでした。声が澄んでいるから、歌もいいんですよね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『サヨナラCOLOR』onDVD:

« 『奔馬 豊饒の海(二)』 | トップページ | 映画『デスノート』(前編) »