2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 長野県知事選挙。 | トップページ | 台風が来る。 »

2006年8月 7日 (月)

『花の名前』

Hananoなんだか、久しぶり~に新しく面白そうなマンガを探してみようー!という気分になって本屋さんで物色。挙動不審だなぁ・・・と思っても放っておいてもらえると嬉しいです。決して怪しいものではありませんので。
↑どうだか・・・。
そんなわけで見つけたのがこちら。

斎藤けん・著
『花の名前』

物語・・・
事故で両親をいちどに亡くした少女、蝶子はそのショックから心を閉ざしてしまいました。そんな彼女を引き取ったのは遠縁にあたる小説家の京(けい)。その彼もまた、心に闇を抱えていて・・・?

最初に見つけたとき、タイトルがいいなぁというのと、絵がちょっと好みかもという感じだったんですが。なんでしょう、ちょっと切なくていい話だなぁーという・・・それでいてギャグも忘れないところなんかがなかなかスキです。蝶子と京、京の友人(?)で編集者の秋山とか、蝶子の大学でのサークルの仲間達など・・・変わってるけど魅力的なキャラクターがおりなす楽しいお話なのですが・・・このあとちょっとヘヴィーというかそんな展開になっていってるみたいで・・・ちょっと心配・・・。

« 長野県知事選挙。 | トップページ | 台風が来る。 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/11357843

この記事へのトラックバック一覧です: 『花の名前』:

« 長野県知事選挙。 | トップページ | 台風が来る。 »