2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『夜のピクニック』 | トップページ | 働く漫画、新刊。 »

2006年10月 8日 (日)

「ピアノ・ヒッツ~マウリツィオ・バリーニ ピアノ・リサイタル2006~」in諏訪市文化センター

Pianohitsオーケストラのコンサートで、ピアノ協奏曲とかそういう感じで、ピアニストの方の演奏を聴いたことは今までにもあったんですが。今回はじめて、「ピアノリサイタル」というものに足を運んでみましたー。イタリア出身のピアニスト
マウリツィオ・バリーニさんのコンサートです。

「ピアノ・ヒッツ~マウリツィオ・バリーニ
ピアノ・リサイタル2006~」in諏訪市文化センター

日本でのツアーは2004年・2005年の「ロマンティック☆ショパンツアー」に続いて、3年連続になるそうです。今回私が行ってきた諏訪市文化センターでの公演は、第27回諏訪市芸術祭のなかのイベントとして行われました。
全席自由ってことだったので、開場30分くらい前にホールの前に行ってみたらすでに結構な人が並んでいてびっくり。で・・・私も並んで待つことに。開場時間を迎え、視力があまり良くないこともあって前のほうがいいなぁ・・・と思いながら席を探していたら、ちょうど良さそうなところが。出来ればピアノを弾いているときの手が見えるところ!って思っていたんですが、その条件にもぴったりの場所で。ツイてるなぁ♪とか思いながら、開演を待ちました。

<曲目>
J.S.バッハ/主よ、人の望みの喜びよ
ベートーヴェン/ピアノソナタ「月光」(全3楽章)
リスト/愛の夢
ドビュッシー/亜麻色の髪の乙女
ショパン/エチュード「革命」
(休憩)
サティ/ジムノベティ第1番
ショパン/英雄ポロネーズ
シューマン/トロイメライ~「子供の情景」op.15より
リスト/パガニーニ エチュード6番
バダジェフスカ/乙女の祈り
リスト/アヴェ・マリア
リスト/ラ・カンパネラ
(アンコール)
ベートーヴェン/エリーゼのために
モーツァルト/トルコ行進曲
ショパン/別れの曲

開演時間になってステージに登場したマウリツィオ・バリーニさんは、パンフレットに載っている写真よりも髪が短くてさっぱりしていてスマートな感じで。あとで関連リンクに載せますが、ツアーブログを読んだら数日前に髪を切りに行ったのだとか・・・ん~どうりで・・・。
まず、J.S.バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」を演奏してから日本語で挨拶されました。日本でのツアーが3年目ってこともあって、発音しにくそうなところはあったものの、とても上手な日本語でした。
今日聴いたなかでは、ショパンの曲が好きだなぁと思いました。好きだなぁっていうのは演奏された曲がもともと好きっていうこともあるんですけども。なんというか・・・ダイナミックで、華麗でいいなぁっていうマウリツィオさんの演奏が良かったなぁという。今年はクラシックコンサートにいくつか出かける機会があって、ショパンの「革命」はフジ子・へミングさん、蔵島由貴さん、今回のマウリツィオ・バリーニさんで3回目だったんですね。思い返してみて
やっぱり同じ曲でも違うものだなぁと感じます。フジ子さんは切々と胸に迫るようで悲しげな感じ、蔵島さんは力強い感じ、マウリツィオさんは華麗でダイナミックな感じ。他の曲とかも含めるとちょっと愁いのあるフジ子さんの音色がいちばん好きかなと思うんですが、この曲だったらマウリツィオさんの演奏が私的には好みかな?と思いました。
ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」第1楽章は、今まで私のイメージでは激しい波が岸壁に白い波を作っていて、その上に月が出てる・・・みたいなちょっと激しいというか荒々しいイメージだったのが、もっと悲しげで優しい感じでした。
これだけ定番な曲が揃うと聴いていて全然飽きないし、やっぱり実際に演奏している姿を見ながら聴く、ということで鍵盤の上を動いている手の動きとかを見ているだけでも楽しめちゃって、時間の経つのがほんとに早かったです。
ほんとに、目にもとまらぬ速さで動く指というか手というか・・・凄かったです。
でも、スポーツみたいに「スゴーイ!」と思っても演奏中には言えないのでその分沢山、沢山拍手しました。

Pianohits2さて、演奏曲がそのままCDになったものが会場内で販売されていて、もともと買うつもりだったのと、あとは買うと終演後にサインしてもらえるってことで休憩時間に購入。で・・・アンコール終了後にロビーで行われたサインイベントにも並んでみました。ステージでの燕尾から一変ラフな感じのシャツとジーンズだったのでびっくりというか意外というか・・・。格好がそうだったからなのか・・・近くで見たマウリツィオさんはステージのときも素敵でしたけども、こちらも若くて素敵でしたよ。(誰もそんなこと聞いてないってね・・・)
というか1975年生まれってプロフィールにあったからほんと、若いんですよね。自分とたいして変わらないんだなぁってあとから気付いたりして。
握手したときは、ちょっとドキドキしてしまいました。(ほんとミーハーだなぁ^^;)
サインは、なんて書いてあるのか・・・たぶん名前なんでしょうね?サインだし。
帰宅して早速サイン入りのありがた~いCDで今日の余韻に浸ってみました♪

※関連リンク
マウリツィオ・バリーニ ツアーブログ

« 映画『夜のピクニック』 | トップページ | 働く漫画、新刊。 »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

有名な曲いいなぁ。有名な曲が一番リラックスして聴けます。
CDのサインもお宝ですね☆

この曲のラインナップ!
私の好きな曲ばかりです。
うらやましい!

マウリツィオさん、私、今回初めて知ったのですが
お名前からするとイタリアの方ですね?
早速あとでサイトの方も覗いてみますね!

>ななおさん
「あ、この曲知ってる」という安心感がリラックスさせてくれる、というのもあるかもしれません。CDとサインはいい記念になりました。

>デイジ~さん
そうです、イタリアの方です。ツアーブログもなかなか面白いのでぜひ楽しんでくださいね♪
私も好きな曲、知っている曲が多くて楽しめました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画『夜のピクニック』 | トップページ | 働く漫画、新刊。 »