2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ブタペスト・フィルハーモニー管弦楽団&山本貴志in長野県松本文化会館 | トップページ | のだめドラマ第5回。※ネタバレするかも?要注意。 »

2006年11月12日 (日)

映画『7月24日通りのクリスマス』

724xmas公開から少し時間が経ってしまいましたが(って言ってもそれほどは経ってませんが)、観にいってまいりました~。


映画『7月24日通りのクリスマス』


市役所に勤めるサユリ(中谷美紀)は、恋や現実から逃避して自分の住む長崎の街をポルトガルのリスボンだと妄想しながら暮らしていました。そんな時、憧れの先輩である聡史(大沢たかお)と再会し、恋を夢見て奮闘するのですが…。 

あぁなんかー…。この主人公って中身や素材はともかく、見た目が自分とかぶっちゃっててなんだかなぁもう。とか思いながら観ました。それだけに夢を見させてもらってっていうのかな?こういうことがあってもいいじゃない!って。たとえフィクションでもね。中谷さんはドジで地味でだからひがんじゃうところもあるけど、そこがかわいらしく。大沢さんはどこまでも王子様で。こういう人ってたまにいますよね、嫌味なく、さっと優しいことが出来ちゃう人。見ててなんだかどきどきしました~。そして、サユリの弟耕治(阿部力)とその恋人メグミ(上野樹里)のカップルも、ほんとかわいらしくて良かった♪…それにしても上野さん、いま放送中の『のだめカンタービレ』でも恵っていう女の子の役(ニックネームはのだめ)だっていうのが、個人的にはツボで…。
というかこの映画の原作『7月24日通り』ってかなり前に読んだんですが、はっきり言って別物…。ここまで違うとかえって気持ちがいいというか。別の物語として楽しめるのでまぁそこも魅力のひとつでしょうか。

« ブタペスト・フィルハーモニー管弦楽団&山本貴志in長野県松本文化会館 | トップページ | のだめドラマ第5回。※ネタバレするかも?要注意。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

きになる映画ですー。
王子様って感じの人は自分の近くには現れないものだな~といつも思います。笑

>ななおさん
自分の近くには現れないものだと思うからこそ、こういう
映画見たくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『7月24日通りのクリスマス』:

« ブタペスト・フィルハーモニー管弦楽団&山本貴志in長野県松本文化会館 | トップページ | のだめドラマ第5回。※ネタバレするかも?要注意。 »