2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 大奥第一章。 | トップページ | 3ヶ月ぶりの東京~つれづれ思うこと~ »

2006年12月15日 (金)

ドラマ『大奥 華の乱』

Ookuhananoran前に見たドラマ『大奥 第一章』に続き、他のシリーズも見てみました。

ドラマ『大奥 華の乱』

ストーリー…
江戸時代の中でも、最も華やかだった元禄時代。
大奥では五代将軍綱吉(谷原章介)の正室の信子(藤原紀香)、側室のお伝(小池栄子)、綱吉の母桂昌院(江波杏子)らを中心に世継ぎを巡る争いが起こっていました。そんな中、綱吉の家臣牧野成定(平泉成)の娘安子(内山理名)は、綱吉の命令と、桂昌院と綱吉の側用人である柳沢吉保(北村一輝)の企みによって、夫の成住(田辺誠一)と離縁させられ大奥へ入ることに。その後、大奥総取締となった右衛門佐(高岡早紀)らも加わり、ますます愛憎渦巻く大奥で安子は、母阿久里(萬田久子)を死に追いやった“本当の敵”が誰だったのかを知るのでした…。

ドラマ『大奥』シリーズのなかでも、(映画を除けば)いちばん新しいものということもあるのか、ドロドロ具合といい、ストーリーの複雑さといい、シリーズ中最高ではないかと。
最初、綱吉のことを「駄目だこの人…」と思いました。典型的なお坊ちゃまというか、なんというか。これを見る前に、“第一章”で綱吉の父親である家光の話を見ていたので「こんなんじゃお父さんが泣いちゃうよ全く…」なんて思ったりして。でも最後まで見ると、綱吉という人はきっと、ごくごく普通の人で、将軍にならなければ穏やかな人生を送ったんだろなぁと少し同情すらしてしまいました。(まぁ、権力の座に就く人がそれでは困ったもんだという話でもあるんですが…)
そういう意味では、綱吉の側用人だった吉保もそうだったに違いありません。その辺は、彼の過去が語られている「大奥 華の乱 スペシャル」で明らかになっていきます。これを見ると、綱吉の吉保を思う気持ちと、吉保の自分の仕える人を信じたいと思う気持ちと想いを寄せる女性への気持ち…というそれぞれの思いがすれ違って、後の事件が起こっていった…という風に描かれていて、少しやるせない気持ちになりながらも、腹黒いイメージのつきまとう吉保という人にも最後には救いがあったかなという感じです。
…写真は、ドラマを見たあとに読んだ小節版です。ドラマでは解りにくい部分も「なるほど~」と納得できるようになってます。そして、巻末の人物紹介ではドラマでの設定と実際に歴史として伝わっている人物像や逸話が盛り込まれていて、なかなか楽しめます。

« 大奥第一章。 | トップページ | 3ヶ月ぶりの東京~つれづれ思うこと~ »

音楽」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

DVD・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『大奥 華の乱』:

« 大奥第一章。 | トップページ | 3ヶ月ぶりの東京~つれづれ思うこと~ »