2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『王の男』 | トップページ | メリークリスマス。 »

2006年12月23日 (土)

Point Green Live 2006  in 国立代々木競技場第一体育館

Pointgreenlive2006すごくすごく久しぶりにチャゲアス見てきました♪…クリスマスだからなのか、ライブがあるからなのか山手線で原宿駅に着いたら、すごい混雑!人がいっぱいでぎゅうぎゅうで動けませんでした。他の用事があったりして、かなりぎりぎりの時間だったので開演時間に間に合うんだろうか…と心配になりましたが何とか無事、たどり着くことができました。

Point Green Live 2006  
in 国立代々木競技場第一体育館

まずは、環境問題のフィルムと、CHAGE&ASKAのふたり、徳永英明さん、岡本真夜さんの順に今回のライブについてなどのコメントが流れました。…そして、いよいよライブがスタート。

最初に登場したのは岡本真夜さん。
[セットリスト]
Power of LOVE!
TOMORROW
Alone
同窓会~Dear My Friends~
ぬくもり
足音
White Christmas
あなただけに贈る Love Song

C&Aと MOON LIGHT BLUE

新曲が結構あったらしく、知ってる曲がTOMORROWAloneくらいしかなかったんですけどもその2曲がすごく好きな曲だったので「おぉ!いいなぁ♪」と思いました。Aloneは真夜さんがピアノも弾いていて…すごく切ない、きれいな曲でした。あとは、同窓会~Dear My Friends~という曲の前に話された、亡くなった友人の方のエピソードがすごく印象に残りました。新しいアルバムの曲は、ほとんどがラブソングだそうで、そういうのが女性アーティストの方のアルバムとしてよくあることなのかどうなのか…普段はあまり女性の方のアルバムって買わないものでよく分からないのですが…そういうテーマに統一性のあるアルバムっていいなぁと思ったりしました。なんだか、トークのときとか…ほんわかしていて真夜さんの人柄が垣間見られた気がしました。そして歌声。なんでしょう…高い声のところがふわぁ~となってすごく心地よかったです。…さて最後に真夜さんの紹介でチャゲアスのふたりが登場。ふたり揃ってステージに現れた姿を生で見たのが、もう2年振りくらいだったので、なんだか感激もひとしおでした。ここで3人でMOON LIGHT BLUESを歌ってくれました。真夜さんの声にこの曲がすごくあってて、かっこよかったです。それに女性視点の詩なのでしっくりきますよね。カーステでこの間この曲の入ったベストアルバムを聴いててすごくいいなぁ~と改めて思っていたところだったので感激。で…もともとASKAさんの歌っている部分をCHAGEさんが歌っていたりしてなかなか貴重なものを見せてもらいました。

…そしてお次は徳永英明さんが登場。
[セットリスト]
SAY YES(みじかいVer.)
レイニー ブルー
輝きながら…
壊れかけのRadio
雪の華
Happiness
君の青

C&Aと 心のボール
実は私、はじめて自分で買ったCDって徳永さんのアルバムだったりするんですよね。…たしか小学生のときで、輝きながら…とかの入ってたのだと思うんですが…。というのを今回このライブで徳永さんを見るぞってなってから思い出して自分でも驚きました。
……それにしても、1曲目のSAY YESにはやられました。まさかここで歌うとは!なんでも、チャゲアスにもわからないようリハーサルでもやらず、楽屋で練習したとか…。
そして、徳永さんのそのとてつもなく透明度の高い歌声にいきなりガツンとやられた感じで…うっとりと聴き入って癒されました。…そして46歳と聞いてびっくり。ぜんぜん見えないですよねーすごく若いしかっこいいですよねー♪
曲はわりと昔の…というか定番的なものが多くて、あぁこれならなんとか分かるかな…?と思いました。中島美嘉さんの雪の華をカバーしたものが聴けたのがとても良かったです。
…そして、徳永さんの紹介でチャゲアスのふたりが再度登場。なんかここで、ASKAさんが壊れかけのRadioの“Radio”のところを“ラジオ”と言ってしまい徳永さんに“レディオ”と直されていたのと、ふたりが登場するときに「九州男児の先輩」って言ってたのにウケました…。で、ここで歌ったのが心のボールです。この曲は以前、福岡市制100周年のメモリアルソングとしてASKAさんが作詞作曲を手がけ、徳永さんへ提供された曲。たしか高校のとき、徳永さんファンの友達から徳永さんバージョンのCDを貸してもらったことがありましたっけ。チャゲアスが歌っているのよりも爽やかだなーと思ったことを覚えてます。…なんかもう、この曲は鳥肌立ちました……3人の声の魅力がすごく感じられて、そしてこの3人が揃うのだから是非って思っていたので、それが実現したということに感動を覚えました。

そしていよいよ…CHAGE&ASKAの登場ー♪
[セットリスト]
THE TIME
SOME DAY
めぐり逢い
Here & There
ripple ring
LOVE SONG
(みじかいVer.)
HEART
YAH YAH YAH
太陽と埃の中で
(『STAMP』Ver.)
散文詞~Man & Woman
世界にMerry X’mas

いやーもう言うことなしですよ…これだけのものをやってくれたら。…なんというか今回の曲、真夜さんや徳永さんと一緒に歌った曲も含めて、結構前の曲なのに生で聴くのははじめてっていう曲や、久しくライブでは聴いてなかったなっていう曲もあったりして、そういう意味での感動や驚きもありました。実を言うと、この代々木体育館は私がチャゲアスのライブをはじめて生で見た、思い出の場所で。それはもう10年以上前の話ですがそのときのことを色々と思い出してしまいました。…いちばん、そのときのことを思い出したのはHEARTのときです。…たしかその、最初に見たチャゲアスのライブのいちばん最初の曲がこの曲で。だから私にとってははじめて生で聴いたチャゲアスの曲で。それをそのはじめて聴いた場所でもういちど聴けて…っていう、非常に個人的な感慨に耽ってしまいました。…さて、この曲のあとには大きな大きなサプライズが。
ASKAさんが「僕らは今大きな船に乗っています。そしてその船長はCHAGE…の隣にいる私ASKA…が指差す先にいるこの人…」とここでASKAさんがスタンド席の一角を示すと、そこには…な、なんと、安倍総理!うわーびっくり。まさか来ているなんて。私はアリーナの真ん中辺りにいたんですが、はっきりとその姿を見ることが出来ました。なんか、いかにも「安倍さんがお休みの日にお出かけするとしたら、こんな感じのを着そうだなー」って想像できるような、ちょっとカジュアルな感じのジャケットでした(遠目だったのでだいたい、ですが…)。その、思いがけない出来事で興奮冷めやらぬなか始まったのがYAH YAH YAHでした。あぁなんか…改めて私チャゲアスすごい好きだなー…と思いました。この、大勢の人が一体となる感じ。その言葉で、音で、力をくれるところ。さて、今回は1月に発売されるアルバムの中から2曲歌われていて(Here&ThereMan&Woman)、そのどちらもかっこよくて、アルバムの発売がますます楽しみになりました。…そして今回はクリスマス目前ってことで、クリスマスソングも聴けたらいいなぁなんて思っていたんですが…ちゃんとありました。世界にMerry X’masです。最後の最後ふたりからクリスマスプレゼントをもらったという感じで…すごくいい思い出になりました。そうそう。クリスマスプレゼントといえば毎年恒例のMerry X’mas&Happy New Yearのカードそろそろ届いているんでしょうか…楽しみです。

さて、今回のPoint Green Live は、地球温暖化防止のため、ひとりひとりが出来る範囲のことをやっていきましょうねということを呼びかけるためのもの。自分と、自分の周りにいる人や身近な環境に配慮する。大きなことは無理でもこれだったら、少しずつできそうかな…と思いました。Co2排出削減のためには車には極力乗らないのがいいのでしょうけど、車がないと生活できない地域というのも、どうしてもあるわけで。私の地元なんかは、まさにそうです。それだったら、なるべく燃費のいい車に乗るとか、アイドリングを控えるとか、あとはほかの面で環境を気遣っていくにはどうするか…それが“できる範囲のことをやっていく”ということかな、と思いました。そしてASKAさんの散文詩のなかに出てきた「百の考えを持ったひとつになるために」という言葉が印象的でした。自分とは違う考え方でもそれがいいものだったらを受け入れ、認め、いい方向へ向かっていくにはどうしたらいいのか…ということを考えなくては、と思いました。ひとつの考え方しかなく、自分と違うものは受け入れないという姿勢はとても危険で、いま世界中で起こっている戦争などを引き起こしていく種になりかねません。…ライブはライブとしてガッツリ楽しみながらも最後には、そんなことも思った日でした。

Tidimi…おまけ。ライブでさんざん盛り上がったのでおなか空いたねってことで…新宿まで出て、ちょっと遅い晩御飯。写真はそのときのもの。韓国料理でしたー。美味しかったんですけどみんな辛くて(まぁ当たり前ですが…)口の中がピリピリしました。辛くないチヂミとチャプチェにほっとしました。でもたくさんすぎて最後は残しちゃいました。あぁもったいないもったいない……。

« 映画『王の男』 | トップページ | メリークリスマス。 »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 映画『王の男』 | トップページ | メリークリスマス。 »