2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『武士の一分』 | トップページ | のだめドラマ第8回。※ネタバレするかも?要注意。今回はスマスマも♪ »

2006年12月 3日 (日)

GLAY TOUR 2006 ROCK'N'ROLL SWINDLE Re-birth in 長野県県民文化会館。※ネタバレあり。

Glay_20061203すごくすごく久しぶりに、GLAYのライブに参加してきました。しかも、ほんとに久しぶりに、地元ってことで、わくわくしながら出かけました~。

GLAY TOUR 2006
ROCK'N'ROLL SWINDLE  Re-birth
in 長野県県民文化会館

北部の方は昨日から雪とかニュースで言っていたので、すごい積もってたらどうしよう?とか思ってましたが、そんなこともなく、まぁもちろん寒かったですが、想像してたよりはずっと天気もよく安心しました。…さて、この下に私の記憶を元に作った曲目リスト・エピソードなど載せたいと思います。もしもこれからツアーに参加する、という方が居られましたらご注意願います。







曲目
(もしかしたら違っているところ、抜けているところなどあるかと思いますが大目に見て頂けると嬉しいです。※印は、未リリース曲)
LAYLA
誰かの為に生きる
誘惑
グロリアス
生きてく強さ
春を愛する人
More than Love
cynical
Lock on you
夏音

pure soul
ROCK'N'ROLL SWINDLE
彼女の"Modern…"
SHUTTER SPEEDSのテーマ
ピーク果てしなくソウル限りなく
BEAUTIFUL DREAMER
ミラー(※)

--------------
(アンコール)
百万回のキス(※)
HOWEVER
HAPPY BIRTHDAY TO YOU(☆)
I'm in Love

一言でいうなら「サイコー!」という、それに尽きると思います。私にとってはGLAYのライブは去年の3月以来なので、もう1年半以上振りで「うわーちゃんとノれるかなぁ」とかいう心配もちょっとだけしてたんですが、もうそんな心配は無用でした。誘惑とか、その辺の曲はもう勝手に盛り上がれる感じになっていって、どんどんテンション上がっていきました。で、最近はなかなか新しい曲をライブ前に聴き込んでいくっていう時間が取れなくて行ったんですが、まぁそれでも楽しめたし、懐かしい曲は「きゃー♪」って感じで喜んだり…すごく楽しかったです。個人的にはBEAUTIFUL DREAMERとかは、カーステでアルバム流してるときも、この曲だけリピートしてしまうくらい好きなので嬉しかったです。あとは…そうそう、HOWEVERとかはやっぱりイントロが来ただけでおぉー♪って。誰がなんといおうと、あの曲はいいです、最高に。
それにしてもアレですよ。GLAY見るっていったらデッカイ会場ばっかりに出かけていたせいで、県民会館っていうとまぁそこそこな規模のホールにも関わらず、ライブハウスくらいに感じてしまう自分の感覚っていうのもイヤハヤなんですが…。スタジアムとかのすごい人数の人たちがひとつになる感じも、いちど体験するといいものなんですが、ホールだと直に感じられるものが多い気がして、また違う魅力がありますね。
それに、地元ってのがまたいいです。実は長野でGLAYのライブっていうのがもう6年振りで。その6年前は私にとってのGLAYライブ初体験だったんですが、その時は楽しいんだけどどこまでノっていいのか…みたいな戸惑いがまだ少しあって。そんなところを乗り越え、あちこちのライブに参加して、理性の飛ぶ瞬間、なんてものも経験してきて、さぁ地元に戻ってきた!成長したよってとこを出さなきゃ!っていう気持ちもあったり(まぁあくまでも個人的なことではありますが)。そういう意味でいえば、「長野サイコー!」とステージから言ってもらえた、それがすごくすごく嬉しくて幸せでした。
そして、アンコールのときのことを書かなくてはなりません。ここはいろんなことが起こりましたから…。ここでは、ひとりひとりの声を聞くことができたわけですがHISASHIさんから「イメージキャラクターはスノーレッツ…名物は、寒天ぱぱ…」という言葉が出たときは、笑った笑った~。それにしても、寒天ぱぱって他県の人でも長野県のものって普通に知っているものですかねぇ?HISASHIさんはさらに「会場をクリスマスツリーみたいにしたい」と言い、私たちに携帯電話の照明を点けてと言うんですが言われたこっちは大慌てですよ。だって、ライブ中は携帯の電源は落としてあるし。TERUさんに「チャレンジ精神を見習いたいね」って言われてました(笑)。そして最後のTAKUROさんの番。「長野には6年振りになりましたが…次はこんなに待たせないから」と。感動、感動。そしてここですごいことが。この夏に無人島フェスでお世話になったというサザンオールスターズの原由子さんのお誕生日が近いということで、バースデーメッセージのVTRを撮影することになったのです~わぁ~♪(曲目の☆印のところです)TAKUROさん・TERUさんが段取りを説明してくれるのを真剣に聞く約2000人。リハーサル中に撮影…と見せかけて実はライブ会場というサプライズ…という趣向(そのわりに、バリバリにステージ衣装の人、約2名)。しっかり歌の練習もして、いざ本番。ホール一杯に響くバースデーソング。すごい迫力。自分も参加しつつ感動してました。こんな経験は、なかなか出来ないので貴重ですね~。
帰りの電車の中では、今日のライブの感動、興奮を一緒に行った友人と語りあい、今日の感動のみならず、5年前に北九州で、白々と夜が明ける中で歌ったI'm in Loveのことや沢山のライブの思い出を語り、そんなところでも充実した時間を過ごさせてもらいました。

« 映画『武士の一分』 | トップページ | のだめドラマ第8回。※ネタバレするかも?要注意。今回はスマスマも♪ »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» はじめまして、私もglayのファンの一人です [glay チケット 動画]
glayの一ファンとして、glayについて、又チケット情報や音楽を一緒に楽しみましょう。 [続きを読む]

« 映画『武士の一分』 | トップページ | のだめドラマ第8回。※ネタバレするかも?要注意。今回はスマスマも♪ »