2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『NANA2』とその音楽。 | トップページ | 藤原道山「yume」 »

2006年12月11日 (月)

のだめドラマ第9回。※ネタバレするかも?要注意。

Nodamedorama9_1写真は、この間みつけたドラマ「のだめカンタービレ」ミュージックガイドブックという本。この本、裏表紙が「のだめ…」に登場する「クラシックライフ」という雑誌の表紙という仕立て。そして中は…佐久間さんの“夢色☆クラシック”というコラムと、ラフマニノフのときの千秋とシュトレーゼマンの写真がドドーン!と。特大ピンナップも付いててすごいです♪このピンナップにサインして欲しいです(笑)。
さて…前回は、R☆Sオーケストラの初コンサートが成功に終わり、そしてのだめは千秋に、飛行機恐怖症を治すために催眠術をかけたところまで(素人は真似しちゃいけません…)。
というわけで、今週のドラマ「のだめカンタービレ」ここからは、のだめがコンクールに向けてがんばります。原作でいうと8巻の真ん中あたりから。今までとはガラリと変わり、シリアスな回でしたね。ラフマニノフのときには、もう一歩のだめをやる気にさせられなかった千秋ですが今度は、本気にさせることが出来たようで。シューベルトのピアノソナタを練習するのだめの中に現れる千秋。ふたりのメールのやり取りもなんかいい雰囲気でした。しかし、コンクールでのショパン「エチュード10-4」は、痛々しくて泣きそうでした。同じ「泣きそう」でも先週のブラ1のときとはぜんぜん違う、なんていうか辛くて見てられないような、そんな気持ちでした。それにしてもあのシーン、江藤先生の家で弾いてるシーンとを対比させて「適当に弾いてる」感をうまく見せているなぁと感じました。
それにしても江藤先生の「もう終いや…」で終わる辺りが「えッ?今週はここで終わり?」とちょっと驚いたくらい、時間の経つのは早く感じました。のだめの、ピアノを弾いてる姿に
見入り、聞き入ってたせいでしょうか。
そして千秋は千秋で、とうとう日本を出る覚悟を決める、というところまできました。千秋とシュトレーゼマンの電話を聞いてしまった峰くんが、このあとどういう行動に出るのか…その辺も実は、来週の見所だったりするわけで。R☆Sオケもまた新たな展開に進むということで、次回もたくさん楽しみなところがあって、目が離せません。のだめのコンクールもまだ続きます。ドビュッシー「喜びの島」は、次回にお預けですね。
さて、シリアスな今回も、笑いを忘れないのが「のだめ…」です。
飛行機恐怖症を克服するために、千秋が北海道へ。道連れは、原作に出てきた従兄弟の俊彦ではなく峰くん。まぁ妥当な線っていうか…俊彦出てきてないですしねー…。千秋の動揺しているところと、完全に催眠術にかかってお土産買いまくりなところに笑いました。
そして笑えるといえば、帰宅した千秋を襲う真澄ちゃんの「千秋様?」攻撃!なんか、久々に真澄ちゃんらしい弾けっぷりに笑いました(声だけなのに)。
あぁそうだ…今週はぜひ、先週のスマスマを録画したやつを見直す時間を作ろう…。あれを見たらたくさん笑って、元気になれそうな気がするので。

…それにしても黒木くんはやっぱりのだめの本当の姿(変態などなど…)には気づいて
いないのですね。それに彼が気づくのは、原作では巴里篇に入ってから。
ということは、ドラマに登場する黒木くんは、のだめのことを誤解したまま終わるんですね。…それはそれで幸せなことかも…と思ったりして?

« 映画『NANA2』とその音楽。 | トップページ | 藤原道山「yume」 »

ドラマ」カテゴリの記事

「本」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

本、買ったんですね。オススメですか?
CDは買っておいて良かったなぁと今日はつくづくしみじみ思いました。
今日笑ったところは江藤センセの「つきあったことのあるヤツとつきあわんかい!」みたいな台詞の場面でした。
スマ観て元気になるとは、やはり辛かったんだなぁ~と共感です。
私も「マタイ受難曲」で癒され中です。
それにしても、あぁ、あと2回なんてそれも辛い~~。

>kaoriさん
この本は、玉木くんの千秋さまがお好きでしたら
後ろについている特大ピンナップはぜひぜひ見て頂きたい
なぁと思う次第です。
CD聴いておくと「あ、ここ変だー」とか気づけて、それも
また楽しみが増えますよね。私もCDは予習のために使って
たりします。
江藤先生とのだめの掛け合いは面白かったですね。
天然なのだめにどうしてもツッコミを入れないと
気が済まない関西人のノリというか…。
…そうなんですよ、あと2回だなんて~~。
辛いです、悲しいです……。

私もついに買ってしまいました。
個人的には千秋様(玉木さん)のHPの画像は、いつも全然ピンと来ないのですが、
この本のは良いです。
特に指揮姿の4枚組写真は良いわ~。
楽譜は全然わかりません。(涙)

>kaoriさん
おぉお、ついに買ってしまいましたか(笑)!
…って私がオススメしたんでしたね。
確かに、指揮姿の4枚(Sオケ定演のときのですね)は
かっこよく、それでいて初々しい感じもしていい感じです♪
私も楽譜はちょっと読める程度なので、雰囲気だけ味わって
ます…(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/13034864

この記事へのトラックバック一覧です: のだめドラマ第9回。※ネタバレするかも?要注意。:

» のだめカンタービレ [バッグ 小物館]
「のだめカンタービレ」とは何か、みなさんはご存知ですよね。月9で放送中のドラマです。もともとは同題名の少女漫画です。「のだめカンタービレ」の由来は [続きを読む]

« 映画『NANA2』とその音楽。 | トップページ | 藤原道山「yume」 »