2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『達磨よ、遊ぼう!』onDVD | トップページ | シネマ歌舞伎『京鹿子娘二人道成寺』 »

2007年1月19日 (金)

映画『達磨よ、ソウルに行こう!』onDVD

Darumaseoul昨日書いた『達磨よ、遊ぼう!』の続編。つまり、これも『王の男』繋がりってわけで…。あと『ガン&トークス』と出演者が一緒だったりして、そっちとも繋がってたりします。


映画『達磨よ、ソウルに行こう!』

『達磨よ、遊ぼう!』の続編。僧侶のチョンミョン(チョン・ジニョン)は、高僧の遺品を届けるため、山を下りソウルの無心寺へ向かいますが、たどり着いてみると住職は借金を苦にして寺を去っていて、若い僧がひとり残っているだけでした。そこに、寺のある場所にビルを建てようとするボムシク(シン・ヒョンジュン)たち地上げ屋が乗り込んできて…。


前作を見たばっかり、というのもあったのか…すごく面白かったです。「般若心経」をラップでうたうお坊さんが出てきたりして、かなりびっくりもさせられます(意外なんですが、これがちょっとカッコいいんですね~)。
さて、これを見るきっかけになったのは『王の男』という映画だということは何回か書きました。ここで狂王ヨンサングンを演じたチョン・ジニョンさんは前作に続いての出演。『王の男』のような、感情の豊かな役柄もいいですが、こういう淡々としたのもなかなかよかったなぁと思ったりしました。そして今回、僧侶たちと対立する地上げ屋ボムシク役のシン・ヒョンジュンさんが出演しているのですが…このふたり、『ガン&トークス』でも対立する役柄で共演してます(殺し屋VS特捜検事として)。ここまで立て続けに見てきて、シン・ヒョンジュンさんは結構、個人的に好きなタイプの俳優さんだなぁとちょっと思うようになってきました。ちょっと色々、他の作品も見てみようかなぁなんて思ってます。

« 映画『達磨よ、遊ぼう!』onDVD | トップページ | シネマ歌舞伎『京鹿子娘二人道成寺』 »

映画」カテゴリの記事

DVD・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『達磨よ、ソウルに行こう!』onDVD:

« 映画『達磨よ、遊ぼう!』onDVD | トップページ | シネマ歌舞伎『京鹿子娘二人道成寺』 »