2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 結氷&炎。 | トップページ | CHAGE&ASKA『Man and Woman』『There & Here』 »

2007年1月14日 (日)

映画『海でのはなし。』inまつもと市民芸術館小ホール(松本CINEMAセレクト上映会にて)。

Storyintheseaとても楽しみにしていた映画の上映会に行ってきました。
今、私の中でかなり気になっている俳優さんである西島秀俊さん、そして同じく宮﨑あおいさんの共演というのが、この映画観たいなぁと思った一番の理由。


松本CINEMAセレクト上映会
映画『海でのはなし。』
(まつもと市民芸術館小ホールにて)

楓(宮﨑あおい)はごく普通の家庭で両親の愛情を一身に受け、真っ直ぐ育った女の子。しかしある日、母親は父親の愛人で、自分は浮気で出来た子供だと知ってしまいます。傷ついた楓が向かったのは博士(西島秀俊)のところでした。博士は、いつの間にか両親を愛することが出来なくなり、周りとの関わりあいを避けて生きていました。…楓を車に乗せ海へ向かう博士。夜の浜辺で続く、たわいのない会話。そして、朝が訪れて……。


もう、なんていうんだろうなぁ…西島さん・宮﨑さんのふたりのシーンがすごく好きでした。お茶入れてよ、とか、黙って食べたら、とかぽんぽん言う楓が全然嫌な感じじゃないというか、むしろかわいい。そしてそんな楓に博士(ひろし、と読みますが楓は“はかせ”と呼びます)が、はい。とか言って淡々と、それでいてちゃんと話を聞いてあげてる優しさというか…そういうのに、ほのぼの、そしてドキドキしました。ふつうに世間話してるみたいな雰囲気がすごく良かったです。
でも、ふたりがどんな関係(どうやって知り合ったのか、というところ)が、あまりよく分からなかったけれど、私の感覚では幼馴染とか、ちょっとそんな感じがするなぁなんて思いました。ずいぶん歳が離れてるので、ちょっと違う気もするのですが。
楓と博士は、曲がったことだとか自分の考えていることから外れたことは受け入れられない、というところがすごく似ていて、そういう気持ちに嘘をついたら相手の気持ちに応えてあげられたり、人や自分を傷つけないでいられるのに、とても不器用だなぁという気がしました。でも、似ているからこそ、そこでもし自分を曲げたら、ふたりの間ではきっと色々が壊れていくような気がして…だからその不器用なところはそのままが良かったんだろうなぁなんて思いました。
そして…この映画のなかでたくさん使われている、スピッツの音楽。西島さんも、宮﨑さんもすごくピュアな、というかまっすぐなイメージが私の中にはあって、スピッツの曲の透明感とか言葉の真っ直ぐさとすごく合っているように感じました。ただ…気になったのが、台詞のあるシーンでも音楽が大きくて…「ロビンソン」の使われているシーンのような、台詞のないところはいいんですけども…。それと、音楽のあるシーンから次のシーンに移るところで曲がぷつっと切れるのがもうひとつ気になったかなぁ…。そういうのも何か意図が合ってのことかもしれないのですけど、なんとなく気になったというか。でも音楽が統一されているのはすごく観て聴いているのは気持ちがいいので、良かったんじゃないかなぁと。スピッツいい曲たくさんありますしね。
なかでも、とくに「ロビンソン」のシーンが切なくて良かったです。フォトブックには、ラストシーンのあと、楓と博士がお互いに書いた手紙、という形の短編があって。“ロビンソンを聴きながら、読んでいただければ幸いです”と最初に書いてあったものの、家にCDがなくて。でも映画のなかで流れていたのがまだ耳に残っていたのでそれを思い出しながら読みました。

去年から足を運ぶようになった、松本CINEMAセレクトさんの上映会。映画館での上映には何度か行っていたんですが…今回は、まつもと市民芸術館。お芝居などは何度も観に行っている会場ですがここで映画を観るというのははじめて。しかも、小ホール入ったのも、はじめてです。思ったよりも小さくてびっくり。実験劇場の方がステージが大きいし、天井も高いような気がしました。そして映画館よりもスクリーンが小さく遠いので、あまり後ろの席だとか、端の席だと見づらいんじゃないかなぁと感じました。

…さて、次は2月はじめの「やわらかい生活」という作品の上映会にお邪魔しようかなぁと思っております。そして、まつもと市民芸術館へは同じく2月はじめのブロードウェイ・ミュージカル「スウィーニー・トッド」に出かける予定です。あ…しまった。二日続けて松本だわ…またガソリン代がかさんでしまう……。

« 結氷&炎。 | トップページ | CHAGE&ASKA『Man and Woman』『There & Here』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

スピッツはベスト盤を1枚とあと1枚持っているだけですけど、好きですね~。10代の頃にタイムスリップしたような気になります。ユーミンの30周年記念カバーアルバムの中で、「14番目の月」を歌ってるのだけど、それがまたとっても良いです。
映画は、二人の感じがわかるような気がしました。年が離れているのが、妙に気になるのに、逆にしっくりいくような気がします。特に主演の二人がお二人ですからね。
・・って、全然具体的な書き方じゃないけど。きっと伝わりますよね。

>knさん
わたしもスピッツは過去に1回だけ、ベストアルバムを買ったことがあるくらいです。やっぱりなんというか言葉の真っ直ぐさとかに、昔(?)に戻るような感覚がありますね。
…そうそう。ふたりの雰囲気が、歳が離れてるのにというか、離れているからこその不思議な安心感というか、それでいてドキドキするみたいな…そういう感じでしたよ。機会があったらぜひ見てみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結氷&炎。 | トップページ | CHAGE&ASKA『Man and Woman』『There & Here』 »