2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『達磨よ、ソウルに行こう!』onDVD | トップページ | 壽 新春大歌舞伎~歌舞伎座初体験。 »

2007年1月20日 (土)

シネマ歌舞伎『京鹿子娘二人道成寺』

Cinemakabuki最近、シネマ歌舞伎やゲキ×シネといった、舞台を映画として見られるような形にしたものが上映されるようになりました。撮影用カメラ、そして映画館の音響などの技術面での向上がその一端を担っているそうです。
…というわけで、玉三郎さん・菊之助さん出演のシネマ歌舞伎を見に行って参りました♪


シネマ歌舞伎『京鹿子娘二人道成寺』

紀伊国、道成寺。新しい釣鐘の供養の行われているなか姿を見せた白拍子花子(坂東玉三郎・尾上菊之助)が、鐘の供養を拝みたいと僧たちに願い出ます。舞を見せることを条件に参列を許された花子ですが、やがて正体を現し…。

ひと言で言えば、とても楽しかったです。
本当に、生で見ているかのような臨場感があって、美しい映像でした。
何度も変わる衣装で目を楽しませてくれる作品ですね。
また、花子を演じるお二人の美しいこと。
玉三郎さんは艶やかで、菊之助さんは可憐でかわいらしく。
菊之助さんの、歌舞伎での姿を目にするのが初めてだったのでとても新鮮でした。
昨年地元であった玉三郎さんの舞踊公演を観にいったときにも感じたんですけども、ここまで美しいと、男とか女とか、もはや考えも及ばないというか…そういうものを超越したところに存在しているような気がしました。
そして道成寺のお坊さんが繰り広げる会話もとても面白くて笑ってしまいました。“…まい”であんなに沢山の話題が出てくるなんて、驚きです。歌舞伎ではその時々の話題などが台詞に盛り込まれることがあると聞いていたんですが、何だか気がつくとそっちの方向に流れている、みたいな。
さて、歌舞伎を観てみたいなぁと思っていたわりに機会がなかったので、ひとつの演目を通して見たのはこれが初めてでしたが…言葉も何とか理解できたのでよかったです。普段、能や狂言を観ることが多いのですが、狂言で使われる言葉に近い感じだったので耳慣れているというか…近いものを感じました。
これを見ると、あぁ歌舞伎って楽しいものなんだなぁと分かるし、気軽に見ることができるので、歌舞伎に興味はあるけどまだ行ったことがないという私のような人にはオススメですね。こういう作品こそ、普段歌舞伎の舞台を見られない地域で上映してほしいなぁと思います。そうしたらもっとたくさんの人が“歌舞伎って面白いんだ!”ってことに気づくと思うのです。

さて、このあとついに生で歌舞伎を観に行って参りました。
その模様はまた明日。

« 映画『達磨よ、ソウルに行こう!』onDVD | トップページ | 壽 新春大歌舞伎~歌舞伎座初体験。 »

映画」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

りみっとさん、ありがとうございます。
1人の「京鹿子娘道成寺」もステキなのに、美人2人で演じるなんて、美の極みですね。
パンフレットもきれいなので3冊買っちゃいました♪

>ななおさん
おぉ。パンフレットを3冊もですか!
私も買って読みましたが、きれいな写真いっぱいでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シネマ歌舞伎『京鹿子娘二人道成寺』:

« 映画『達磨よ、ソウルに行こう!』onDVD | トップページ | 壽 新春大歌舞伎~歌舞伎座初体験。 »