2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』 | トップページ | CHAGE&ASKA『DOUBLE』 »

2007年2月11日 (日)

挨拶状。

Fukuie落語をモチーフにしたミステリー、っていうのがこの本の著者である大倉崇裕さんの小説に出会ったきっかけ。で、それ以来、そうだなぁ…3年くらいは遠ざかっていたんですが、この間図書館で久しぶりに手に取ったのがこちら。


大倉崇裕 著
『福家警部補の挨拶』

聞き込みを始めるころには、事件の真相が見えている…。
それが、とても警部補には見えない、福家警部補のやりかた。
今日も福家警部補は徹夜で捜査する。(全4編)


物語はすべて、読者には犯人が分かっていて探偵(ここでは福家警部補)が真相にどうやって近づいていくのか…というもの。ドラマでお馴染みの「古畑」シリーズと同じタイプといえば分かりやすいでしょうか。
主人公は、タイトルにもなっている福家さんなんでしょうが…犯人側の視点で描かれる部分が多くを占めるので、ジリジリと追い詰められていく感じがたまらないです。
そして、追い詰める側の福家さんは、ひと言でいえばすごく変わった人というか。小柄でかわいらしい感じの人を想像するんですが、でもきっと、必要以上に身なりに構うことはないだろうなぁと…。基本的にはジミ系な人じゃないかと思いました。
この本、タイトルに“挨拶”とあったので、福家さんはこんな人ですよ~という挨拶状的な短編集という印象だったんですが…続編とかあるんでしょうか……。あるならまた読んでみたい気がします。

« 映画『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』 | トップページ | CHAGE&ASKA『DOUBLE』 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/13764737

この記事へのトラックバック一覧です: 挨拶状。:

« 映画『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』 | トップページ | CHAGE&ASKA『DOUBLE』 »