2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« フロイト。 | トップページ | 映画『マリー・アントワネット』 »

2007年2月17日 (土)

日本アカデミー賞授賞式。

Flowerなんだか、今年は早く行われたなぁという感じ。確か例年、3月に入ってからのことが多かったような気がするんですけども…。
それはともかくとして、2006年の映画を締めくくる意味で(自分的にも)、見ました。
前もって、各賞の優秀賞に選ばれた作品を日本アカデミー賞の公式HPでチェックしてみたら、日本映画が盛り上がったということを物語るように、すごくばらけたなぁという感じ。

最優秀賞
作品賞 『フラガール』
監督賞 李相日(『フラガール』)
脚本賞 李相日・羽原大介(『フラガール』)
主演男優賞 渡辺謙(『明日の記憶』)
主演女優賞 中谷美紀(『嫌われ松子の一生』)
助演男優賞 笹野高史(『武士の一分』)
助演女優賞 蒼井優(『フラガール』)  

なんだかんだ言って、大きな映画会社の作品が取ったりしちゃったら、見てる方としてはちょっとな…とか思いながら、見てたんですが…主要な賞で『フラガール』が結構頑張ったなぁというか、そんな感想を持ちました。独立系映画会社の作品が作品賞に選ばれたのは1996年の『午後の遺言状』以来だとか。単館系では他に『ゆれる』でオダギリジョーさんや香川照之さん、『間宮兄弟』でドランクドラゴンの塚地武雅さん、『かもめ食堂』のもたいまさこさんが選ばれていたりして、2005年だって単館系でいい映画多かったのに(『メゾン・ド・ヒミコ』とか)あまり選ばれていなくて残念に思っていましたが、今回はそういう意味では日本映画好きでよく観た人間としては、まぁよかったんじゃないかなぁなんて思いました。
つい最近『ヨコハマ映画祭』に出かけてきましたが、そこにも登場された笹野高史さんが、横浜のときと全く同じに、マイクにおでこをぶつけてたのが面白かったです。またやった!って感じで。
あと笑わせてくれたといえば、しずちゃん。共演したい俳優さんに佐藤浩市さんを挙げたとき、なんだか言う前に佐藤さんって言いそうだなぁ…と思いながら見ていたので、予想通りで笑っちゃいました…。あと指名された佐藤さんがちょっとポカーンとなってたのもなんだか笑えました。
また、監督賞の発表のあと悔しそうにテーブルに突っ伏して頭を掻き毟る三谷監督が映ったのがなんだか…。助演女優賞のとき、もたいまさこさん出演の『かもめ食堂』について聞かれたときの「小林聡美さんしか見ていなかったもので」という答えも最高に面白かったし…三谷さんって本当に人を楽しませることをいつもしてくれるなっていう感じでした。…そんな三谷さんを見ていて、去年の授賞式のときの、最優秀賞を逃した井筒監督の悔しそうな表情なんかをちょっと思い出したりしました。
そういえば私、主演男優賞に選ばれた渡辺謙さんの『明日の記憶』を映画館で観そびれてしまっていて。受賞後のスピーチは、すごく感動しました。後半、映画の撮影中に病気のために降板しなくてはならなくなったときのお話などされていて、その姿や、共演された樋口可南子さんや司会者席にいらっしゃった吉永小百合さんが涙ぐむ姿に、思わずこちらまで涙してしまいました。このスピーチは本当によくて、朝のニュース番組でやっているのを見て、もう一度泣いてしまいました。やっぱり『明日の記憶』は近いうち絶対見よう!と改めて思いました。

« フロイト。 | トップページ | 映画『マリー・アントワネット』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

私も見ました。
ほとんど観てない映画ばっかりなんだけど
楽しめました。
渡辺謙さんのスピーチ感動したね。

早く行われたのは、本家本元のアカデミー賞が
数年前から二月に行われることになったからだと思うよ。
こちらもすごく楽しみな私です♪

>えりこさん
あ、そうだね。本家の方も今月だったっけ…?
こっちも『バベル』とか色々注目されてるよね。
 
よかったよね、渡辺謙さんのスピーチ。
観てない映画があっても、あれだけの俳優さんたちが揃うと
それだけでも見ごたえがあるよね。
『明日の記憶』は借りようかなぁと思って行ってみたけど
みんな考えることは一緒らしくて、全部貸し出し中だったよ。

今回は私のほうからTBさせてもらいました。
「かもめ食堂」は地味だったのに、食パンのコマーシャルにもアレンジされるくらいに、
支持を多く受けた映画だったんですね。
って、結局私は映画館で観られなかったんだけれど。
「間宮兄弟」もやっぱり観たかったなぁ・・。あぁ悔しい。
オダギリ・ジョーさんもあの不思議な感じが好きだなぁ。
などと、私も結局大いに楽しんだ時間でした。

>knさん
TBありがとうございます。
『かもめ食堂』は私も観逃していて、これから見る予定です。
『間宮兄弟』はとてもオススメのいい映画です。ほんわかと
幸せな気持ちになれるので、機会があれば是非見て頂きたい
作品です。
オダジョーさんは、去年助演男優賞のプレゼンターで登場した
ときもかなり変わったヘアスタイルで、受賞した堤真一さんに
「ていうか、そのアタマ何やねん!」って言われたのに、今年
さらにパワーアップしてて笑っちゃいました。
…今年受賞した面々が来年はプレゼンターとして登場する、と
考えると、それも楽しみになってしまいますね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本アカデミー賞授賞式。:

« フロイト。 | トップページ | 映画『マリー・アントワネット』 »