2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« グランドピアニスト | トップページ | ソロバン。 »

2007年2月21日 (水)

映画『オペラ座の怪人』onDVD

Fantomこれはもうずっと見たかったので、ついに!という感じで。去年、ミュージカル映画にちょっとだけはまったときに、見たいなぁと思いながら結局こんなに時間がたってしまいました。


映画『オペラ座の怪人』

1870年代の、パリ・オペラ座。華やかな舞台でにぎわう一方、“ファントム”を名乗る仮面の男の仕業らしい事件が起こっていました。そのファントム(ジェラルド・バトラー)を亡き父から授けられた音楽の天使と信じ、彼の指導で才能を伸ばしてきたコーラス・ガールの一員であるクリスティーヌ(エミー・ロッサム)は、ある日新作オペラの代役に抜擢され喝采を浴びます。幼馴染の青年貴族ラウル(パトリック・ウィルソン)との再会を果たした彼女のもとに現れたファントムは、オペラ座の地下へと誘い出し…。

昔、友達がテレビで放送したかなにかの『オペラ座の怪人』のビデオを貸してくれたことがあったんですけども(誰が出ていたとかそういうのはあまり記憶にないんですが)、そのときはファントムがただただ恐ろしかったということしか覚えていないというか…。あ、でもそのとき見たのはミュージカル映画ではなく、普通の、というか歌は舞台のシーンしか出てこないのだったので、今回見たのとはかなり印象が違いました。
クリスティーナが、ファントムを師と慕う気持ちと、恐ろしく思ったりする気持ちのせめぎ合うところなんかはよく歌にも出ていた気がしました。
なんだか、この映画を見たら舞台版の「オペラ座の怪人」も見たくなっちゃいました。やっぱり生で見たらすごいだろうなぁとか思ったりして。

« グランドピアニスト | トップページ | ソロバン。 »

映画」カテゴリの記事

DVD・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『オペラ座の怪人』onDVD:

« グランドピアニスト | トップページ | ソロバン。 »