2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ソロバン。 | トップページ | ヒミツ&ハケン »

2007年2月22日 (木)

映画『墨攻』

Battlewits『マリー・アントワネット』に続いて観たのがこちら。前売券を買ってあったのに、色々とバタバタしてまして、ちょっと遅れてしまったんですが、時間ができたので、ようやく。


映画『墨攻』

中国、春秋戦国時代。大国・<ちょう>の攻撃により落城寸前の小国・<りょう>は、墨家に援軍を求めるものの、やってきたのは革離<かくり>(アンディ・ラウ)ただひとり。立ち向かうのは趙の名将・巷淹中<こうえんちゅう>(アン・ソンギ)率いる10万の敵。絶対的に不利な状況を、奇抜な戦術で凌ぐ革離。次第に、弓の名手である子団<しだん>(ウー・チーロン)、民を思う若君・梁適<りょうてき>(チェ・シウォン)、女剣士・逸悦<いつえつ>(ファン・ビンビン)や、民衆の信頼を得ていく彼を面白く思わない人物もいて…。
※<>内は、国名・人名の読み方。


なんていうのか…人間って愚かだな、と思わざるをえませんでした。
そんななか、革離の語る言葉は、戦争の絶えない今の世界情勢に当てはめたとき、ズシっとくるものがありました。例えば、梁適に向かって言う「城を守る助っ人よりも、平和を思う城の主が増えるほうが大事」(うろ覚えですが)とか。これって平和であること、戦争しないことをより多くの国の人(とくにトップの人)が考え、争いのない世の中を作っていこうとすれば、戦争はなくなっていく、ということですよね。戦争をしようと考える人(または国)があるから、その攻撃から自国を守るために武装し、時には自ら攻撃を仕掛ける。戦争がなくならないのは、その繰り返しが続いていくからだ、と思います。
そして、誰かの持っているものを羨む心、奪ってしまおうという心がさらに起こらなくてもいいはずの争いを招く、というのがこの作品の後半。とてもやるせない気分になりながらも、まっすぐに、弱いものを助け、大事な人を思う革離の姿に胸を打たれました。
私は、この映画のもとになった小説も漫画も読んでいなかったし、とくにこの作品にどういうテーマがあるとかそういうことを知っていて映画を観にいったわけではないんですが…すごく考えさせられることの多い作品だなぁと思いました。

« ソロバン。 | トップページ | ヒミツ&ハケン »

映画」カテゴリの記事

コメント

私も水曜日ですが、めずらしく仕事帰りに観に行ったんです。
感想はまだアップできてませんが、初めて観たアンディ・ラウさんがかっこよかった、というミーハーさ加減です。
あ、ちゃんと感想も書きます。この週末にでも。
観てて、「この愚かな戦争を止めましょう」と、「ハウルの動く城」のラストシーンで国王(魔女?加藤治子さんがアテレコした役)が言った言葉を思い出しました。

>knさん
お、仕事帰りですか!私も金曜日とか、映画の日(毎月1日)は
安く観られるので行くことがありますよ~。
ほんとにアンディ・ラウさんはカッコよかったですよね♪
knさんの感想、楽しみにしています。
この作品のテーマにもなっていますが「戦争をやめる勇気」
というのが、いかに大切か、ということをあらためて考え
させられました。『ハウル~』の最後は、それをストレートに
あらわしているシーンですよね。

ようやく感想を書きました。
感想って難しいです。つくづく。

>knさん
感想、読ませていただきました。
たくさん考えて書いていらして、ためになりました。
私もいつも、書きたい…というか感じたことのいくらも
書けていなくて、もどかしいです。
書くのって、難しいですよね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『墨攻』:

» 「墨攻」を観て [りんごの気持ち.blog]
先週の水曜日、夜の回の、 上映時刻に15分ほど遅れて映画館へ到着。 いや、ぎりぎりセーフに出来たかもしれないのに、 開始時刻を勘違いしていて、 近くのお蕎麦屋さんで山菜蕎麦を食べていて遅刻したのだ。 それにしても、 急いでるので一番早いお蕎麦を、と頼んだら、 どれでも早く出来ると言うから その日は寒かったので普段は食べない温かい蕎麦を注文したのに、 10分以上待つことになってしまった。 これには自分がバカだったと反... [続きを読む]

« ソロバン。 | トップページ | ヒミツ&ハケン »