2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ヨコハマ映画祭(のつづき)『ヨコハマメリー』他 | トップページ | カカオとホワイトの、ショパン。 »

2007年2月 6日 (火)

映画『リトル・ミス・サンシャイン』

Littlemisssunshine先週末は、ミュージカルだの映画祭だのと色々とイベントが多く、そのすべてがとても印象的だったので、ついつい、その前に観にいった映画の感想を書くのを忘れていました。いえ、この映画も充分に印象的だったんですけども。


映画『リトル・ミス・サンシャイン』

アリゾナに住むフーヴァー一家は、ちょっと変わった人たち。家長であるリチャード(グレック・キニア)は負けを否定する、成功論提唱者。息子のドウェーン(ポール・ダノ)は父親に反抗するように沈黙を守っています。9歳の娘オリーヴ(アビゲイル・プレスリン)はビューティークイーンを夢見る女の子。ヘロインが原因で老人ホームを追い出されたグランパ(アラン・アーキン)は、過激で言いたい放題やりたい放題のわがままおじいちゃん。そんなバラバラな家族をまとめようと奮闘する母親シェリル(トニ・コレット)は、ゲイの恋人に捨てられ自殺未遂をした兄フランク(スティーヴ・カレル)を自宅に引き取ることに。そんなとき、オリーヴが「リトル・ミス・サンシャイン」コンテストの決勝への出場権を獲得。旅費節約のため、一家そろってオンボロのミニバスで、決戦の地・カリフォルニアを目指す旅が始まったのです…。


なんだろうなぁ…笑ったり悲しかったり、やるせない気持ちになったりしながらも、観終ったときには、どこか温かい気持ちと、スッキリ爽快な気持ちになれたというか。
なんてったって、おじいちゃんがすごいですよ。過激なことをバンバン言い放って、周りの人が何を言ってもお構いなし。「迷惑な!」と思う人もいたりするんですが…なんだか、どこか憎めないっていうのか、見ていて気持ちのいいキャラクターです。ちょっと下品なところもありますが、それもご愛嬌というか。なんだか…、5年くらい前に亡くなった祖父の、元気だったころ。それこそ自分がオリーヴくらいの歳のころにいろんなことを話してくれたころのことを思い出したりしていました。まぁうちの祖父は、この映画に出てくるグランパほどではないにしても…親戚たちの話を聞くと、かなり豪快な人物だったという感じなので、余計に親近感というか…あぁこういう人よく知ってるわーみたいな気持ちになってしまいました。
そのグランパの身に起こった出来事や、旅の途中で起こる様々な出来事が、バラバラな家族をちょっとずつ変えていくのですが…それが“あっいいな!”と…ホッとさせるというか、幸せな気持ちにさせてくれます。

« ヨコハマ映画祭(のつづき)『ヨコハマメリー』他 | トップページ | カカオとホワイトの、ショパン。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

この映画観たいです。
アイシティでしかやってないのでちょっと遠出しようかなあ。
そうそう、こちらのブログを私の映画サイトから
リンクさせてもらってもいい?
正式なリンクのところに貼らせてもらうね。

>えりこさん
うん、この映画オススメだよ。家族って大事だなぁと思える
映画だと思います。
あ、そうそう。リンクの件OKです。こちらこそよろしく
お願いします♪

観たいな~と思ってるのですが、私のよく行くブログの方には酷評されてました。
もっとも、その方は「硫黄島」も酷評されてたので、
何でもそうだけれど、人によって感じ方ってこんなに違うんだなぁと、おもしろさを感じます。
私、なんとなく、この「リトル・・」には「バグダット・カフェ」みたいな渇いた空気感を感じているのですが、どうなんでしょう。
観に行きたいです。やっぱり気になります。
ところで「墨攻」を観た人が激賞してました。
で、観に行こうかと思っています。

>knさん
そうですか…まぁ人によって感じ方も違うでしょうし……。
個人的には、自分が選んで観にいった映画をけなしたくない
気持ちがあるので、いいところを見つけて感想を書くように
していますが……。
「バグダッド・カフェ」を観たことがないので、比較はでき
ないんですが、たしかに湿っぽくなる感じはあまりないかも
しれません。湿っぽい展開になるかな?というところでも
ベタベタにはならないというか…。
あぁ「墨攻」!前売券買ったのに観に行けてません。
私もすごく観にいきたいです~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『リトル・ミス・サンシャイン』:

« ヨコハマ映画祭(のつづき)『ヨコハマメリー』他 | トップページ | カカオとホワイトの、ショパン。 »