2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『明日の記憶』onDVD | トップページ | 映画『パフューム』 »

2007年3月 7日 (水)

映画『ダンサーの純情』onDVD

Dancer名前だけはずいぶん前から知っていたんですが…この間借りた、ほかの韓流映画のDVDに作品情報が入っていて。そのとき初めてストーリーを知って、ちょっと見てみようかなぁと思いました。

映画『ダンサーの純情』

パートナーを失ったうえに足に怪我を負い、失意のどん底にいる若きダンサー、ヨンセ(パク・コニョン)は、彼にとって最後のチャンスとなる3ヵ月後のダンス大会のパートナーとして、マ先輩(パク・ウォンサン)が中国から呼んだ少女、チェリン(ムン・グニョン)と出会い、彼女が韓国に滞在するために偽装結婚をすることに。
次第に心を通わせていくふたりでしたが、かつてヨンセからパートナーを奪ったライバル、ヒョンス(ユン・チャン)が現れ…。

かなり泣けます。感動できるお話です。
チェリンが、ヨンセを真っ直ぐに思う姿、気持ちがすごく健気でかわいくて…そして切なかったです。
そして、最初に着ているレッスン着が、体操服っていうか学校のジャージみたいなのでまったくかわいくないのに、そこがまた微笑ましいというか。
それに、ヨンセがほんとうにかっこいいんです。ぶっきらぼうで口は悪いのに、優しさもあって。
少しずつ踊れるようになってきたものの、しっくり行かないチェリンに向かっての彼の言葉。あんなふうに言われたら、絶対好きになってしまうに違いありません…。
このふたりが、お互いの顔が見えない場所で、相手のことを語る場面がありますが、ここがもう、言葉や表情から、すごく好きなんだなぁという思いが伝わってきて、あったかい気持ちになるんですが、顔を合わせるとギクシャクしてしまうというか、上手く行かないところなんかは、もどかしくて、ほんと切ないです。
そうそう、ふたりの関係を偽装結婚ではないかと疑い監視をしている役人、チェ捜査官とその上司の課長。ふたりの周囲で、変装したり、双眼鏡でダンスレッスン中の様子をのぞいたりしていて、チェリンがステップを覚えられずひとりで練習しているのを見て「簡単じゃないか?どうしてできないんだ??」なんて言ってるのとか…かなり笑ってしまいます。
ダンスといえば、たくさんダンスをしているシーンが出てきますが、かなりハードなんだけれど、なんだか楽しそう。エンドクレジットで踊っているチャチャチャもすごくかっこよかったです。

そして…この作品の日本語吹替ではチェリンを「しょこたん」こと中川翔子さんが担当しています。というか、それが最初にこの作品の名前を知ったきっかけだったりするんですが。
ふだん、外国の作品は字幕で見るほうなので、まず字幕で見てから吹替バージョンでもう1回見ました。
しょこたんがすごく上手だったので、あまり違和感なく見ることができました。でもなんか、最初のほう、すごく訛っていてびっくりしました。それはもう、ちょっとオーバーじゃないか?って思ってしまうぐらいに。でも、それもなんだか可愛かったです。
そして、2回目なのにまた泣いてしまいました。この作品、レンタルじゃなくて買っても良かったかもと思えるぐらい。何度見ても泣けるし、楽しい作品だと思いました。

« 映画『明日の記憶』onDVD | トップページ | 映画『パフューム』 »

映画」カテゴリの記事

DVD・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ダンサーの純情』onDVD:

» ダンサーの純情 [きょうのできごと…。]
試写会当たって観てきました! ムン・グニョン主演と聞いて、韓国でクランクインしてから ずーっと心待ちにしていた作品! かなりの期待で試写会会場(有楽町よみうりホール)へー! 「ダンサーの純情」2006年公開・韓国 監督/バク・ヨンフン 脚本/パク・ケオ...... [続きを読む]

» しょこたん ぶろぐ [とび]
しょこたん ぶろぐの女王になる [続きを読む]

« 映画『明日の記憶』onDVD | トップページ | 映画『パフューム』 »