2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 最後の桜。 | トップページ | 取れた…! »

2007年4月17日 (火)

九つの謎。

Simiなんだか…タイトルにある「紙魚」という単語につられて借りたようなもんです(図書館でね)。


北村薫・著
『紙魚家崩壊 九つの謎

(表題作)“両手が恋をしている女と探偵との第三十七番目の事件”―。本を集めるのを趣味としている夫婦の家である事件が起こり、居合わせた探偵は…。

紙魚(しみ)、というのは紙を食べる昆虫のことだというのは何となく知っていたんですが。辞書でしらべたところ、正確には「紙や衣服についている糊を食べる」のだそうで、“魚”という字を書くのは見た目がちょっと魚に似ているからなのだとか。
このほかに、「カチカチ山」を題材にした「新釈おとぎ話」というお話は、ちょっと変わってますが、最後アッと言わせる結末(まぁなんとなく、察しがつくところもありますが)。
私がいいなぁと思ったのは「蝶」というお話。これは、友人の紹介でお見合いをすることになった女性と、当日になって相手の男性が来られなくなり、仲立ちをする予定だった友人も来られなくなり、ピンチヒッターで現れたのが、その友人の連れ合い(旦那さん?)で。ずーっと、その、会うはずじゃなかったふたりが、食事を共にしながら話す会話だけで繋がっている短編なんですけども…説明する文章がないのに、情景が浮かんできて、それがまた、なんだか楽しげで。そんなところが気に入りました。

« 最後の桜。 | トップページ | 取れた…! »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/14705736

この記事へのトラックバック一覧です: 九つの謎。:

« 最後の桜。 | トップページ | 取れた…! »