2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 桜の季節。 | トップページ | 映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 »

2007年4月15日 (日)

映画『子宮の記憶』

Shokyunokioku土曜日は、ちょっと(?)頑張ってハシゴして映画観て来ました。期間限定上映のものとかあって、今週末くらいしか都合がつかなそうだったもので…。そのなかで、朝一で観たのがこちら。銀座の映画館で予告を見てちょっと気になっていたもの。


映画『子宮の記憶』

何不自由ない、裕福な家庭に育った高校生、真人(柄本佑)。しかし、世間体ばかりを気にする両親に失望していた彼は夏休みのある日、沖縄へと旅立ちます。生まれて間もない頃、産院から誘拐されたという過去をもつ彼は、その犯人の女性を訪ねて行ったのでした。そこで出会った女性、愛子(松雪泰子)が夫と営む食堂で住み込みのアルバイトを始めた真人。いつしか、愛子と真人の間には、親子とも恋人とも言えない奇妙な愛情が芽生え…。


予告を見て、勘違いしていたんですよね…私。真人は誘拐した犯人に育てられた、っていう風に。でも違いました。っていうか、違うほうが自然だよなぁと思って…勘違いしていた自分がむしろ不思議。
…そんなことは、どうでもよくて。
とても不思議なんですが、真人と愛子が本当の親子のような感じに見えてきて。でも、親子だったら、まぁあるかもしれないなぁということも、親子じゃないとなったらちょっと「おっと大丈夫か…」みたいに見えるシーンとかあって。ちょっとドキドキしました。
親に対する愛情みたいなものを、一緒に住んでいるときには感じられずにいたのが、しばらく振りに家に戻った真人が感じられるようになったのは、きっと愛子と過ごした日々があったからなのかなぁなんて思いました。
それと…真人役の柄本佑さんは、最近観たのが『夜のピクニック』という映画のロック少年役で。この役が結構はじけているというか、ムードメーカーぽいかんじだたので、今回みたいなちょっと影のあるのは意外というか、新鮮でした。

« 桜の季節。 | トップページ | 映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『子宮の記憶』:

« 桜の季節。 | トップページ | 映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 »