2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 江戸城の暮らし | トップページ | 映画『ユメ十夜』 »

2007年5月27日 (日)

ウィーン少年合唱団2007年日本公演inカノラホール

Wienersangreknaben_1天使の歌声を聴いてきました。さすがの注目度というべきか…2階席・3階席までお客さんがいっぱいでした。

ウィーン少年合唱団
inカノラホール(岡谷文化会館)
指揮とピアノ:マルティン・シェベスタ
合唱:ウィーン少年合唱団
☆曲目☆
《第1部》
ハイドン:アレルヤ
ウェズリー:アヴェ・マリア・ステラ
スカルラッティ:神をほめたたえよ
モーツァルト:汝により守られ
サン=サーンス:アヴェ・マリア
シューベルト:反抗 op.105-1 D.85
~世界の歌~
オーストリア:高い牧草地で
オーストラリア:シェアラーの唄
アメリカ:アメイジング・グレイス
スペイン:クラベリートス(カーネーション)
ロシア:カリンカ
日本:ふるさと
アルゼンチン:エスコンディード
南アフリカ:イビ・トンビ
《第2部》
J.シュトラウス二世:ポルカ・シュネル「雷鳴と稲妻」
ガストルディ:愛の勝利
ホルスト:2つの東方の絵画
クロプフライター:祈り・時は春
成田為三:浜辺の歌
BEGIN:涙(なだ)そうそう
ヴェルナー:野バラ
ベートーヴェン:同盟の歌
アプト:鐘
シューマン:流浪の民
J.シュトラウス2世:ポルカ・シュネル「観光列車」
             ワルツ「美しき青きドナウ」
《アンコール》
singin’ in the Rain
エーデルワイス 他

こうやって曲目を書くとずいぶんたくさんなのに、美しい歌声に感動しっぱなしだったせいか、とっても短く感じました。
最初のハイドンの「アレルヤ」のあと、指揮のマルティン・シェベスタさんが「皆さん、こんにちは。きょうは私たちのコンサートに来てくださってありがとうございます。ゆっくり楽しんでください」と日本語で挨拶されました。日本語がすごく上手でびっくり。
第1部の前半は賛美歌などが主で、やっぱり「天使の歌声」にピッタリだなぁと思いました。
そしてその第1部の後半は、“世界の歌”ということで、さまざまな国の曲が歌われました。打楽器が登場したり、手拍子をしたり、楽しませてくれます。とくに南アフリカの曲では、太鼓(小太鼓みたいなのと、コンガみたいなのの2種類)が登場しました。なんだか、アフリカの草原をシマウマが駆けているような光景が目に浮かぶようでした(アフリカ行ったことないけど・苦笑)。色々な国の音楽が登場するので、リズムも様々でしたが、この、最後の曲がいちばん独特で、歌うのも太鼓を叩くのも難しそうだなぁと思いました。
ここで日本の歌として歌われたのは「ふるさと」。なんて神々しいんだろう、と思いました。ほんとに泣けてきました。言葉って大事ですよね。言葉の意味が分からない曲も、その歌声とかで感動はするけれど、意味の分かるものはより感動が増すのは当然といえば当然のことで。

それから、休憩をはさんで第2部。ヨハン・シュトラウス2世の曲が3曲ありました。やっぱりウィーンといえばワルツ、ポルカですよね。このなかで、「観光列車」では指笛を吹くところもあったりして、楽しい雰囲気でした。…楽器もそうなんですけど、こういうの、受け持つのってどうやって決めてるのかなぁなんて、ふと思いました。もしかして、「ちょっとキミたち、指笛吹いてみて?」とか言ってやらせて、いちばん上手く出来た子が受け持つとか。どうでも良いことなんですが、ちょっとそんな想像をしてみました(笑)。

さて、「美しき青きドナウ」でプログラムを終えましたが、そのあとにアンコールが3曲。えーと…1曲目はよく知らない曲だったのですが(汗)、2曲目、3曲目はどちらも映画などでよく知られた曲。「Singin’ in the Rain」、映画『雨に唄えば』のなかで、ジーン・ケリーが土砂降りの雨をものともせず唄って踊る名シーンでお馴染み。
そして最後は「エーデルワイス」。ほんとうに美しく気高い、透明感のある歌声に感動しました。
この後も拍手がなりやまず、もういちど登場して挨拶、そして最後には全員で手を振りながら退場していくその姿が可愛らしく、こちらも手を振って見送りました。最後までその存在感で楽しませてもらいました。

« 江戸城の暮らし | トップページ | 映画『ユメ十夜』 »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

とっても有名な!
有名だけど私はまだコンサートまでは行ってませんが…TVで聞いたらきれいでした。
日本の歌も覚えて歌ってくれているんですね~。
日本の歌はメロディラインがはっきりしているから、美声で歌ったらきれいでしょうね。
『雨に唄えば』の歌も歌われましたか。楽しそう☆

>ななおさん
ええ、とっても有名な(笑)。
日本の歌、「涙そうそう」は発音がしにくそうだなぁという感じがしましたが、それでもとてもきれいでした。
「雨に唄えば」の曲は、とってもワクワクしましたよ♪

ご無沙汰してます。
パソコンが壊れてしまい音信不通になって
しまいました。
沢山人が来ていたみたいですね。
小山さんのリサイタルより人が多かったのでしょうか?
僕も行きたかったです。

>いとうさん
あらら…PC壊れてたんですね。大変。
私も経験ありますけど(ていうか今も壊れ中ですが)
困るんですよね。
小山さんのときよりも人が多くて、駐車場も車がいっぱいで
大変でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン少年合唱団2007年日本公演inカノラホール:

« 江戸城の暮らし | トップページ | 映画『ユメ十夜』 »