2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 寝て過ごす | トップページ | きのうの新聞記事に »

2007年5月 4日 (金)

シンカのかたち

Sinka図書館で借りて、ずーっと少しずつ、少しずつ読んでいた本。読み終わるまでに、ずいぶんと時間がかかってしまいました。

北海道大学CoSTEPサイエンスライターズ・著
遊磨正秀、丑丸敦史・監修
『シンカのかたち 進化で読み解くふしぎな生き物』

歩くやしの木、目を持つプランクトン、シロアリを騙すカビ…。擬態や寄生など、様々な方法で生き残ろうとする色々な生き物の不思議。


寒い地域や深海など特殊な環境に合わせたり、敵から身を守るために進化した(と思われる)生き物など、様々な生き物が登場して、非常に興味深いです。そして文章が、思わず引き込まれ、時には笑ってしまうような面白さもあって、楽しめる本です。
最後には、生き物の仲間である「ヒト」の進化についても書かれていて、興味深いと同時に考えさせられる内容になっています。多くの生き物は、環境に適応するために自らの体や繁殖方法を変化させてきましたが、「ヒト」は、環境に適応するように進化したというよりは、その昔“狩り”をすることによって大きくなった脳を使って、知能によって生き残ってきた生き物だというのが特徴なんだろうなぁと思いました。この先は、どうなることやら分かりませんが…。
この本の出版元である技術評論社という会社のHPを見ていたら、クラゲについて書かれた本があって。何気にクラゲ好きなので、ちょっと読んでみたいなぁと思いました。

« 寝て過ごす | トップページ | きのうの新聞記事に »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/14941076

この記事へのトラックバック一覧です: シンカのかたち:

« 寝て過ごす | トップページ | きのうの新聞記事に »