2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『クイーン』 | トップページ | やっぱり良かった »

2007年5月20日 (日)

映画『主人公は僕だった』

Strangerthanfiction予告を初めて見たときから、面白そうなストーリーだなと感じて、これはぜひ観たい!と思いました。

映画『主人公は僕だった』

国税局の役人として退屈な日々を送っていたハロルド(ウィル・フェレル)。そんな彼にある日、自分の行動を同時進行で描写する女性の声が聞こえるようになります。その声はやがて、ハロルドはもうすぐ死ぬ…と語ったのです。
なんとか結末を変えようとしたハロルドは、声の主である女性作家カレン・アイフル(エマ・トンプソン)を見つけるのですが…。


観る直前になって、主役の人が『プロデューサーズ』でナチスの制服を着て歌って踊ってたあの俳優さんだと知りました。それまで全然気付かない私もどうかしてますが…(苦笑)。

不治の病を宣告されて、それまでに出来なかったことをやろうとしたり、人間的に変わっていくお話って、今までにも色々ありますけど…それに近いようなストーリーじゃないかと。
恋をしたり、ずっとやってみたかったギターを始めたり…不器用ながら、少しずつ変わっていく姿に感動させられました。
また、物語の鍵を握っているのはハロルドが嵌めている腕時計なんですが…これがまた、単なる時計と思えなくなってきて…。
そして、女性作家のカレンはスランプに陥っていて、とても奇抜な取材活動をしていて「この人大丈夫か…」みたいなところもあるんですけども、物語の主人公として描いていたハロルドという男性が存在することを知って、彼女も人間味を増して。最後には「あぁこの人好きだな」と思えて…観終わったあとの後味としては、なかなか良かったです。

最近わりと外国映画を観る機会が増えてきて。俳優さんや女優さんの顔や名前がいまいち覚えられないっていうのがあって、今まで観てなかったんですが、逆に言えば、ストーリーなどで選ぶことになるので、単純に、自分が「いいな!」と思えるタイプの作品を観ることになるので、それはそれで良いんじゃないかなぁなんて思う、今日この頃です。

« 映画『クイーン』 | トップページ | やっぱり良かった »

映画」カテゴリの記事

コメント

出来立てのBlog専用ランキングサイトです。
是非ご利用下さい。
m(__)m
http://blog.rank7.in/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『主人公は僕だった』:

« 映画『クイーン』 | トップページ | やっぱり良かった »