2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 語る裁判官 | トップページ | マンゴージャムパン »

2007年6月20日 (水)

映画『舞妓Haaaan!!!』

Maikohaaaanもうずっと、早く観たくて仕方なかった作品がついに公開になったので、早速観に行ってきました~。

映画『舞妓Haaaan!!!』

東京で働く鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、舞妓しか愛せないサラリーマン。そんなある日、京都支社に転勤が決まった公彦は、同僚OLの彼女・冨士子(柴咲コウ)をあっさりと捨てて京都へ。死に物狂いで働いて、“一見さんお断り”の壁を乗り越え、ついにお茶屋デビュー。しかしそこへ、泥酔したプロ野球選手・内藤貴一郎(堤真一)が乱入し、宴会の雰囲気は最悪に。
公彦は、内藤を見返すため、ある決意をします。
…一方東京で公彦に酷い振られ方をした富士子も、ある決意を胸に京都へやってきて…。

…もう、どんどんいろんなことが起こって、観てるこっちはパニックです(笑)。その振り回される感じが、またいいなぁと。
そしてそんなドタバタもありつつ、後半は意外な人間関係とか、そこに起こるドラマに感動させられたり、また笑ってしまったりと色々、色々あって、おなかいっぱいな感じになりますね。途中でミュージカル調になるところは、去年観た『プロデューサーズ』を思い出しました。ちょっとびっくりしたけど楽しかったです(笑)。
そういえば…堤さんを映画で見るのは去年の『地下鉄(メトロ)に乗って』以来で、なんだか久しぶりな感じでした。わりと、その見た目からもクールな役とかのイメージが強いかな?という気がしますが、今回はほんっとに面白くて…たくさん笑っちゃいました。とくに、阿部さん演じる公彦と文字でバトルしてるところの、“悦”の表情のところがおかしくて、おかしくて…。そして、面白いのにやっぱりかっこよくて、思わず見惚れてしまうシーンがいっぱいありました。
他にも、ちょこちょこと色々な人が登場したり、色々な笑いどころ満載なので、隅々までたくさん楽しめました。

« 語る裁判官 | トップページ | マンゴージャムパン »

映画」カテゴリの記事

コメント

舞台挨拶から観に行きました~。
阿部サダヲさんをた~くさん観られてうれしかったです。
自分の中の今年の映画ランキング1位です~。
やっぱり私は楽しいストーリーが好きです。

これ、面白いんだろうな~、面白くないはずがないよな~って思いますモン。
うぅ・・。ジタバタ。

>ななおさん
おぉー!舞台挨拶行かれたんですか!!いいなぁ~…。
映画、楽しくて感動できて良かったですよね♪
阿部サダヲさんは、ちょっとシャイな感じが良いですよね。

>knさん
面白いですよ~!機会があればぜひ。
元気になれる映画です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『舞妓Haaaan!!!』:

» ★「舞妓 Haaaan!!!」 [ひらりん的映画ブログ]
(2007/A110/S57)←今年通算110本目の鑑賞。 今週公開作は、週刊誌で★印が多かった「ゾディアック」も注目だけど・・・ 予告編見て、こりゃ面白そーーーーっ・・・て感じてたので、この作品を最初に。 この作品が初主演作の阿部サダヲとか・・・ 脚本が、宮藤官九郎とか・・・ 柴崎コウが舞妓に挑戦とか・・・ いろいろネタが詰まってそう。... [続きを読む]

« 語る裁判官 | トップページ | マンゴージャムパン »