2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 家日和 | トップページ | 映画『神童』in松本CINEMAセレクト上映会 »

2007年6月 8日 (金)

憑神

Tsukigami最近、浅田次郎さんの小説の映画化が続きますね…。去年は『椿山課長の七日間』と『地下鉄(メトロ)に乗って』が公開されて、今年はこちらの作品。そんなわけで、映画観る前にってことで、読んでみました。

浅田次郎・著
『憑神』

幕末の江戸。文武に秀でながらも出世の道をしくじった貧乏御家人、別所彦四郎。夜鳴き蕎麦一杯に払う金もままならない彼はある日、酔った勢いで小さな祠に手を合わせると、目の前に現れたのは、なんと、神は神でも貧乏神で…。

面白くて面白くて、夢中で読みました。
彦四郎はもちろんですが、彼の前に現れる神様たちや、周りの人たちがとっても魅力的に描かれていて、それだけでもワクワクしてきます。
時代的には、ちょうど新撰組とか、坂本竜馬とか、西郷隆盛とか…その辺の人たちが活躍していた時代かなぁと。あ、でも話題としてちょこっと登場するくらいで、それ以外は出てこないんですけどね。それでも、自分の中で結びつけながら読むと、それも楽しいなぁと。
主人公の彦四郎は、幕末という、時代の変わり目にあっては「なにを今更、古いことを」と思われがちで、最後に彼が選んだ道も、ともすれば滑稽に感じられる部分もありますが、誰もがどこかに持っている「自分が生きていると実感したい」という部分を体現しているというところで、とてもうらやましいというか、こういう風に生きられたら、と考えさせられました。

…さて。原作を読み終わって、あらためて映画のチラシを見たら妻夫木くんが主人公の彦四郎っていうのは知ってて読んだんですけど、ほかにも「あーこの人がこの役を!」っていうのを色々発見して、それだけでもう映画を観にいくのが楽しみになりました。

« 家日和 | トップページ | 映画『神童』in松本CINEMAセレクト上映会 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/15366263

この記事へのトラックバック一覧です: 憑神:

» 「憑神」軽妙さから『面白い』を取ってしまった [soramove]
「憑神」★★☆ 妻夫木聡主演 降旗康男 監督、2007年 時は幕末、 一般のひとより苦労の生活を強いられる 下級武士が主人公。 人が良く、プラス思考で 明るい人柄の主人公に 取り憑いたのは「貧乏神」「疫病神」 そして「死神」 深刻にならず、飄々と...... [続きを読む]

« 家日和 | トップページ | 映画『神童』in松本CINEMAセレクト上映会 »