2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『パッチギ! LOVE&PEACE』 | トップページ | 映画『300(スリー・ハンドレッド)』 »

2007年6月 3日 (日)

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン・ワールド・エンド』

Piratesofcaribbeanatworldsend先月観にいって、疲れていたためか途中から意識がなくなってしまい(つまり寝た・爆)、もう一度行ってきました~。…あぁもったいない。せっかく前売券買ったのに……。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン・ワールド・エンド』

七つの海を駆けめぐった海賊の時代が終わろうとしていました。
世界制覇を目論む東インド会社のベケット卿(トム・ホランダー)は“海の悪霊”ディヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)を操り、海賊たちを次々に葬っていくのでした。
彼ら海賊が生き残る道はただひとつ、9人の“伝説の海賊”を招集し、世界中の海賊たちが一丸となって決戦を挑むのみ。
しかし、その9人目の人物こそ、溺死した船乗りが沈む“ディヴィ・ジョーンズ・ロッカー”に囚われているキャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)だったのです。
ジャック、エリザベス(キーラ・ナイトレイ)、ウィル(オーランド・ブルーム)の運命がふたたび交差するとき、前人未到の“世界の果て”で、海賊史上最初で最後の決戦の火蓋が切られ…。

あぁ…すごく、すごく良かった。この間、なんで寝ちゃったんだろう私(汗)。
1作目の“呪われた海賊たち”から繋がってきた、壮大な物語が、ついに行き着くところを見つけたというか。
最初の“招集の歌”が歌われるシーンはすごく、ゾクゾクしました。ついに始まるぞ…って感じで。

始まってしばらくは、ジャックは登場しなくて…その周りの人たちが次々に登場するんですが、そこもまたいいです。とくに今回初めて登場したキャプテン・サオ・フェン(チョウ・ユンファ)とか。たまらなくかっこいいですね!彼の登場するシーンはオリエンタルな感じで…この作品の中ではかなり珍しいかも。中国映画の香りがします。

ウィルの登場のしかたは、かなりビックリしました。そこにいたのか!みたいな。あの格好を見て狂言(または歌舞伎)の「棒縛」を思い出したのなんて、私だけですかね?…でも、ほんとにソックリでしたよ。
ウィルといえば、今回はエリザベスとの微妙な関係も見どころかなぁと。1作目は、総督の娘と鍛冶職人という身分違いながら微笑ましく思える恋心みたいな感じだったのが、前作くらいからだいぶ変わってきて。今回はかなり気持ちがすれ違っていったり、切ないなぁと思いながら、こういうの嫌いじゃないというか、むしろ好きだなぁと(笑)。ウィルの表情にぐっときました。また、父親である“靴ひものビル”ことビル・ターナー(ステラン・スカルスゲールド)との関係がどうなっていくのか…も注目したいところ。

それから、それから…。ジャックの登場シーンは、面白いんだけど何だか混沌としていました。でもやっぱりこの人が出てこないと始まらないなっていうのはあります。で…また、何考えてるんだか分からないところとか、すごく狡猾なところもあったりして、少し後になって「あ!そういうことか!!」みたいなのが結構ありました。
パンフレットに載っていたインタビューを読んでいたら、彼がどれだけこのジャックという役を愛しているか分かって…演じた側にもそれだけの愛着というか思い入れがあるからこそ、観る側にも魅力が伝わってくるんだなぁなんてことを思ったりしました。
そんなジャックとは協力したり敵対したりするのがバルボッサ(ビル・ナイ)。時にはジャックやウィル、エリザベスを見守って支えるようなところもありながら、またか!と思わせるようなところもあって…楽しめたというか、なんというか。

ブラック・パール号のクルーは1作目からずっといる人たちばっかりなので、もうお馴染みな感じですが…私がいちばん好きなのはラゲッティ(マッケンジー・クルック)。見た目とかが結構好みなんですよね。ちょっとかわいらしく感じるところもあったりして。そんな彼の義眼が重要な役割を…(ここから先はネタバレなので映画館で)。

敵役になるベケット卿も最後、完全には嫌いになれないキャラクターという感じがして…、この物語上では“悪役”のトップって感じなのに小悪党みたいに感じてしまうのはどうしてなんでしょう。…そういえばエリザベス役のキーラ・ナイトレイと共演している『プライドと偏見』、気になりつつもまだ見てなかったんでした。ほんと、近いうちに見たいです。
敵役といえばもうひとり、1作目ではエリザベスの婚約者だったノリントン(ジャック・ダヴェンポート)。彼も今回、ウィルとは別の意味で切ないです。2作目の落ちぶれてたときの彼も結構好きでしたけど…。ジャックやウィルと三つ巴になって闘うシーンとかすごくドキドキして楽しかったですし。

さて、シリーズものっていうと前と色々繋がっている部分とかあったりして、そういうのも映画を楽しむ要素だと思うので、前作、前々作を復習してから観にいくとよりいっそう楽しめるんじゃないかなぁと。その辺のポイントは、映画館に置いてある「もう一度見たくなる」読本というチラシにも書いてあります(ただし、鑑賞後にご覧下さいという注意つき)。予習していった人は「うんうん、そうだったよね!」と思わず頷け、予習していない人はもう一度観にいきたくなるでしょう。…そんなこんなで、ほんと、細かいところまで「あっこれは」「あっこの人は」などと楽しませてくれるところがたくさんです。
また、このチラシにも書いてありますが、エンドロールのあとにも続きがあるんですよね。前作と前々作のエンドロール後にもおまけがありましたけど、今回のは、物語そのものなので…見逃したら最後まで映画観てないのと同じくらいの意味があるかも…。外国映画のエンドロールって特に長くて、待ってるの大変ですけど、そこは映画の余韻に浸って待ちましょう…。

自ブログ内リンク
(1作目)『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』
(2作目)『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』

« 映画『パッチギ! LOVE&PEACE』 | トップページ | 映画『300(スリー・ハンドレッド)』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

すっごい量の記事ですね!
りみっとさんの感動も迫力を持って伝わってきました。
海賊ってやってることは奪略なんだから悪い人なんだけど、
ひょっこりひょうたん島もピーターパンも宝島も、
出てくる海賊キャラはいつも魅力的ですよね。

>knさん
あらためて読み返して、すごい分量だなと…自分でもビックリしました(苦笑)。
たしかに海賊って物語に出てくると“悪役”って感じがしなくて不思議ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン・ワールド・エンド』:

« 映画『パッチギ! LOVE&PEACE』 | トップページ | 映画『300(スリー・ハンドレッド)』 »