2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 美しい国… | トップページ | 野村萬斎「狂言を楽しむ会」in長野・北野文芸座 »

2007年8月 8日 (水)

映画『天軍』onDVD

TengunほかのDVDをレンタルしたとき、作品情報で入っていたのを見て知った作品。これって「戦国自衛隊」みたいな話?とちょっと気になってました。

映画『天軍』

韓国と北朝鮮が共同で開発した核兵器、しかしそれはアメリカへ引き渡すことが決まってしまいました。そのことを不満に思った北朝鮮のカン少佐らが核を開発したキムを拉致、核兵器を盗み出します。後を追った韓国のパク少佐たちとの激しい銃撃戦。しかし、気がつくと彼らは約430年前の戦乱の世にタイムスリップしていたのです…。

冒頭に、実際のニュース映像などが使われていて、ドキッとしました。
その映像っていうのが、2000年に南北首脳会談が行われたときの金正日総書記と、金大中大統領(当時)が握手している様子とか、なんですけど…この記事を書こうとしていたとき、テレビで、34年前のきょう、8月8日に東京で「金大中誘拐事件」が起こったというのをやっていて。この時期にこの作品を見たのはもちろん偶然ですが、あまりにタイムリーだったので、なんだかビックリしてしまいました。
さて…私は朝鮮半島の歴史をよく知らないので、実際の歴史上の出来事とどれくらいリンクしているのか、ということはあまりわかりませんでしたが、日本側からいうと、豊臣秀吉が朝鮮に出兵して失敗したというのは、何となくですが知っていたので、あぁあの辺の出来事なのね、ってことはわかりました。
私は日本の『戦国自衛隊』とか『戦国自衛隊1549』とかを、一昨年くらいに見ていたので、シチュエーションが結構似てるなぁと思いました(タイムスリップするところとか色々)。でも日本のには、あまり現代(タイムスリップ前)の社会情勢とかって出てこない感じで描かれていたような記憶があって、それに比べると韓国のは、南北朝鮮の統一みたいなテーマも多分込められているからなんでしょうけど、かなり、タイムスリップしても、現代の国の状況みたいなものをそのまま持って行ってる気がしました。

« 美しい国… | トップページ | 野村萬斎「狂言を楽しむ会」in長野・北野文芸座 »

映画」カテゴリの記事

DVD・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『天軍』onDVD:

« 美しい国… | トップページ | 野村萬斎「狂言を楽しむ会」in長野・北野文芸座 »