2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 野村萬斎「狂言を楽しむ会」in長野・北野文芸座 | トップページ | ごまふく »

2007年8月10日 (金)

重力ピエロ

Juryokupielo伊坂さんの作品は、わりと好きで、最近はよく読むようになりました。
…と言ってもまだ、ほんの数作なんですけども…。

伊坂幸太郎・著
『重力ピエロ』

泉水と二つ年下の弟、春。そして優しい父に美しい母。過去の辛い出来事を越えて、兄弟が大人になったとき、事件は始まります。
連続放火と火事を予告するかのような、謎の落書き。
謎解きに乗り出した兄・泉水が目の当たりにした真実とは…。

なんか、わりと非常識な行動を淡々と、堂々と行っている人物が色々出てきて…「えっ」とか思うんですけども、あまりにも普通にそういう場面が出てくるので、うっかり納得してしまいます。
で、途中で春もそうですが、兄の泉水も、なんか変だなぁ…という行動をとったりしていて…でも全てが明らかになっていくのは、かなり後になってから。こういう複線とか、絶妙な感じで利いていて、そういうところがまた、たまらなくドキドキさせられます。

« 野村萬斎「狂言を楽しむ会」in長野・北野文芸座 | トップページ | ごまふく »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/16070339

この記事へのトラックバック一覧です: 重力ピエロ:

« 野村萬斎「狂言を楽しむ会」in長野・北野文芸座 | トップページ | ごまふく »