2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 9月に観たい映画 | トップページ | CHAGE&ASKAコンサートツアー2007「DOUBLE」onDVD »

2007年9月 1日 (土)

「アマチュアオーケストラ諏訪交響楽団&さだまさし・渡辺俊幸~コラボコンサート~」inカノラホール

Sadamasashi母とそのお友達のお供で(桃太郎に出てくるサルとかキジとかイヌみたいなもんです)、さだまさしさん出演のコンサートへ行ってきました。やっぱり客層としては、それなりに年配の人が多いというか、そんな感じでした。

アマチュアオーケストラ諏訪交響楽団&さだまさし・渡辺俊幸
~コラボコンサート~
inカノラホール

主人公

FANFARE for CELEBRATION
大地の子 メインテーマ
利家とまつ メインテーマ

スメタナ 交響詩「わが祖国」より「モルダウ」
グリーク 戯曲への付随音楽「ペールギュント」より
ボロディン オペラ「イーゴリ公」より「だったん人の踊り」

北の国から
無縁坂
秋桜
親父の一番長い日
つゆのあとさき
天然色の化石

風に立つライオン(~アメイジング・グレイス)

今までちゃんと、さだまさしさんの曲を聴いたことがなくて(いえ、まぁ何曲かは知ってたんですけど…)、いちおう予習しとこうと思ってベストアルバムとか聴いてみて。声も好きだし、曲もこう…なんというか、安心感があるなぁと思って、楽しみな気持ちになりながら会場に向かいました。
さださんの唄った曲で知ってたのは「無縁坂」と「秋桜」、「北の国から」そして「親父の一番長い日」だったんですけど、声が素晴らしく良かったです。「親父の一番長い日」は歌詞に愛情があって、最後のほうはちょっとウルっときてしまいました。

そして、いやーもう…さださんってほんと、話が面白すぎ(笑)。面白いと聞いてはいたんですが、これほどとは。さださんと言えば、諏訪には並々ならぬ縁のある方なので、地元ネタとかこちらの言葉なんかも交えつつ、すごく楽しいお話がいっぱいでした。
また、会場にはさださんと交流のある画家の原田泰治さんがいらしてて、トーク中にも「ねっ泰ちゃん!」と、ステージ上から何度も話しかけてました。初めて知りましたが、さださんは、諏訪湖畔にある原田泰治美術館の名誉館長をされているそうですね。その、美術館のオープニングパーティーの挨拶でギャグを言って思いっきりスベったエピソードとか、もう…おかしくて仕方なかったですよ。
それにしても、お話の内容から「あぁ次、あの曲かな…」と分かるんだけれど、話し出したら止まらないのか、なかなか歌に行かない(苦笑)。何度か、指揮台の渡辺さんに「なべちゃん、きょうオレ話長いね」とか「長くてゴメンね、座ってて?」とか言ってました。
でもその話がまた面白くて、興味深いので楽しくて…。興味深いと言えば、長崎県出身のさださんは、今年、長崎市長選の最中に銃撃され亡くなった前市長の伊藤一長さんとの交流も深かったようで、そういったお話や、最近の大きな事件に触れた話題は、なかなか興味をひかれるものがありました。
そして、最後の最後に大きく頷いてしまったのは、「癒し系の音楽という言葉は嫌い。なぜなら音楽は全て心を癒すためにあるものだから」という言葉。私が長年ファンをしていて、いくつものライブに足を運んできた、CHAGE&ASKAやGLAY。この人たちの音楽で、ステージでのパフォーマンスで、今までどれだけ心に光をもらい、勇気をもらって来たことか。心を温かくするメロディーも、心を鷲掴みにするような切ない言葉も、空を飛ぶことさえも叶いそうな高揚感も、理性が飛んでしまうんじゃないか…と思うような興奮も、全てが癒しなんだと知っている身にとっては、あぁ音楽をする人はみんなこうであって欲しい…と思わずにいられませんでした。

開演時間が15分ほど遅れたことや、さださんのトークが止まらないのもあって(笑)、終演時間も予定よりも大幅に遅れましたが、とっても充実した時間になりました。

さてこのコンサート、さださんと、音楽家の渡辺俊幸さんが全国各地のアマチュアオーケストラと共演し、オーケストラの素晴らしさをたくさんの人に知ってもらいたい、ということで行われることになったコラボコンサートだそうです。私、今回初めて諏訪響の演奏を聞いたんですけども、こんな近くに、これだけの演奏をするオーケストラがあるということは素晴らしいなぁと思いました。共演するといっても、さださんの曲の伴奏みたいなものだけなのかなぁと思っていたら、クラシックの曲目だけで3曲もあって、しかも渡辺さん作曲の映画やドラマのテーマ曲も演奏されていたので、クラシックのコンサートを聴きに来たみたいな贅沢さもあって、色々な楽しみ方が出来るコンサートでした。

« 9月に観たい映画 | トップページ | CHAGE&ASKAコンサートツアー2007「DOUBLE」onDVD »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

きゃー!さださんのコンサートに行かれたんですか!
いいなぁ~。
さださんの歌が好きで20曲くらいは歌えるんだけどまだコンサートに行ったことがないです。
NHKでたまに深夜にさださんの生放送の特番があるのですが、面白すぎで感動し、結局は涙がでっぱなしです。
さださんの歌は、心象風景が目の前に広がる感じで感情移入しやすくてありがたいです。
私がよく口ずさむ歌は「あなた三昧」です~。
チオビタドリンクのCMソングでした。
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=57782
↑歌詞

>ななおさん
はい~行ってきました♪
今回コンサートへ行くために、初めてちゃんとさださんの曲を色々聴きましたが、詩がすごく明確だなと思いました。情景がしっかり描かれているので、安心感がありますよね。歌ばかりでなく、小説でも注目されているのも納得です。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月に観たい映画 | トップページ | CHAGE&ASKAコンサートツアー2007「DOUBLE」onDVD »