2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 安倍さん辞意表明 | トップページ | 知恵と心 »

2007年9月12日 (水)

映画『トンマッコルへようこそ』onDVD

Tonmacolだいぶ前から気になっていた作品ですが…ようやくレンタルしてきました。

映画『トンマッコルへようこそ』

1950年代、朝鮮半島。朝鮮戦争の最中、そんな戦争とは無縁の、山奥にトンマッコルという小さな村がありました。そんな村へやってきたのはアメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の二人、それに敵対する人民軍の三人でした。顔を合わせるなり銃を向け合う両者。しかし、偶然の出来事から村人たちの食料庫を爆破してしまった彼らは、ひとまず協力して村人たちの畑仕事を手伝うことに。やがて彼らのなかに心の交流が生まれるのですが…。

なんと言ったらよいのか…。
南北統一、みたいなメッセージのようなものがあったりして、そういうところが気になるといえば気にはなったんですけど…それはまぁ、置いておくとして。
のどかな村の様子や人々の暮らしと、戦闘の生々しさだったり不穏な空気が対照的で、それが戦争の酷さだとか虚しさを、いっそう強く感じさせられました。
朝鮮戦争という、実際の時代背景をもとにしているとは言っても、“トンマッコル”は架空の村で、ファンタジーなんですけど…こんな風に平和に暮らせたらいいなという、どこか希望の現われなのかなぁなんて、思ったりしました。

« 安倍さん辞意表明 | トップページ | 知恵と心 »

映画」カテゴリの記事

DVD・ビデオ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとう。
こういう村は現実にはありえないからねぇ。
だから、空前の大ヒットもしたんでしょうね。

>kimion20002000さん
こちらこそありがとうございます。
そうですよね…。
いくら山奥って言っても、銃も武器も見たことないとか
ありえないですもんね(苦笑)。
そこが平和への希望なんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『トンマッコルへようこそ』onDVD:

» mini review 07031「トンマッコルへようこそ」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
カテゴリ : SF/ファンタジー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 132分 公開日 : 2006-10-28〜 監督 : パク・クァンヒョン 出演 : シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘジョン 50年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村”トンマッコル”へアメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、それに敵対する人民軍の3人がやってきた。最初は警戒し合うものの、次第に打ち解けるようになっていく・・・ 続き トン... [続きを読む]

« 安倍さん辞意表明 | トップページ | 知恵と心 »