2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ショパン・ミルフィーユ(プラリネ)&(いちご) | トップページ | お巡りさん »

2007年9月26日 (水)

夜行列車で

Midnighttrain図書館で見つけた本。なんだかんだ言って…この人の本はかなりの数を読んでいるような…。

森村誠一 著
『夜行列車』

新宿発の夜行列車で信州へ一人旅に出たOLの中瀬恵子は「樹齢八百年の金木犀を見に行く」という絵ハガキを最後に消息を絶ち、恵子の行方を追う父・正治も金木犀の大樹の近くでひき逃げに遭い死亡。正治と夜行列車で出会った医師・北里は、二つの事件の背後に見え隠れする男女の存在を突き止めるものの、今度はその女性の死体が発見され…。

“夜行列車”というタイトルですが…時刻表を駆使したりする、西村京太郎さんが書くみたいな、そういうミステリーものというわけではなく、結婚に失敗したふたりの男性が、ひょんなことから関わることになった事件を追うお話です。特に内容とか知らずに借りてきたんですが…、蓼科、豊科など身近な地名がたくさん登場するのでびっくり。
結婚生活に見切りをつけて旅に出ようと思い立った北里が、「自然と人間が上手く溶け合った場所」と選んだのが信州。褒められて悪い気はしませんが、住んでいる者からすると、なんだか複雑な気持ちだったり…。
このお話のなかでは、北里と、このほかに行方不明になった妻を探して信州へやってきた男性が出会って、事件へと迫る様子が双方から描かれていきます。私の個人的な感想とすれば、このふたりが出会うのはもう少し後というか…お互いにもっと悩んでからでも良いような気がしました。読む側ではどちらの様子も分かるので、その優越感をもう少し味わうというのも良いんじゃないかと。
前半は複数の立場からのストーリーが少しずつ展開されて、後半にひとつのストーリーとして纏まっていく…という、こういうタイプのものって、クロスワードパズルを解いているときのような気分で…読み終わると達成感というか、爽快感があって好きです。

« ショパン・ミルフィーユ(プラリネ)&(いちご) | トップページ | お巡りさん »

「本」カテゴリの記事

コメント

私もこの小説読みました。 ところでこの小説の中に出てくる金木犀は本当にあるんですか? みてみたいんですけど!

>てっちさん
はじめまして。
金木犀は…もしかしたら森村さんの創作かもしれないので
ないかもしれません。
もし実在していても、書かれてからちょっと時間が経っている
気がするので、今は無かったりするかも…?
ちょっと調べてみたいところですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/16582737

この記事へのトラックバック一覧です: 夜行列車で:

« ショパン・ミルフィーユ(プラリネ)&(いちご) | トップページ | お巡りさん »