2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 風強かった… | トップページ | 映画『ファンタスティック4-銀河の危機』 »

2007年10月28日 (日)

映画『自虐の詩』at初日舞台挨拶つき上映(シネ・リーブル池袋にて)

Jigyakunoutashonichi今週末、いよいよ公開になったこの作品。初日舞台挨拶のチケット、ダメもとで申し込んだら当たったので、台風の中行ってまいりました。
Jigyakunoutashonichi2

映画『自虐の詩』
(初日舞台挨拶つき上映、シネ・リーブル池袋にて)

大阪、通天閣のそばにある古びたアパート「パンション飛田」。幼い頃から幸薄かった幸江(中谷美紀)は、無職でギャンブルに明け暮れ、酒飲みで乱暴者、そのうえちゃぶ台返しが日課のイサオ(阿部寛)とふたりで暮らしていました。
そんななか幸江は医者から妊娠3ヶ月であることを告げられます。しかしそれを聞いて黙って彼女の元から去っていくイサオ。
身重の体で働き続ける幸江はある日…。

想像していたのは、ひたすら笑えるみたいなコメディだったんですけど…。
後半は結構、いやかなり、泣いてしまいました。
幸江とイサオの心の繋がりだったり、幸江の過去に遡って出てくる友情とか…思っていたよりもずっとずっと感動の大きい作品でした。
典型的な“ダメ夫”に尽くす幸江が健気で、どうしてこんなに耐えられるのって思ってしまうんですけど…後半になって、あぁそうかと。過去にあった出来事で、自分のことを思ってくれるイサオの存在だったり言葉だったり…そういったものが幸江を支えているんだなぁと、信じられるものがあれば人は強くなれるというのを感じさせられました。
またイサオの不器用なところがほんとに…見ているうちにだんだんと切なくて堪らなくなりました。働かずギャンブルばかりの自分を、それでいいと思っているわけではなくて、幸江に何か言われてちゃぶ台をひっくり返したり黙ってどこかへ行ってしまったり…そういう行動には、幸江に対してというよりは自分に対して苛立っているんじゃないかなぁというのを感じさせられました。
また、幸江の父親・家康役は西田敏行さん。この人ってほんと、誰が主人公とか関係なく、その場の雰囲気を一気に持っていきますよね。幸江にとってはとんでもない親なんだけれど、どこか憎めない雰囲気がありました。
そしてアパートの隣の部屋に住むおばちゃんは、カルーセル麻紀さん。ユーモアのある部分も迫力のある部分もびしっと演じていて、オーラがありました。
それから…幸江が働く食堂、あさひ屋のマスターは遠藤憲一さん。幸江のことが好きで好きで仕方ない、みたいなところがちょっと可愛かったです。

そして、上映後にいよいよ舞台挨拶。
まず最初に堤監督が登場。
原作の漫画は東京が舞台だったのを大阪に移した理由だとか、それに関係して主演の中谷美紀さんのこととか…ユーモアを交えてしばし話した後、阿部寛さんと遠藤憲一さんが登場。阿部さんは池袋の前の、渋谷では映画と同じパンチパーマのカツラを被って舞台挨拶に登場されたそうですが、なんだか喋りにくかったらしく池袋ではカツラなしの、ごく普通の髪型でした。遠藤さんは「楽しんでください」と上映前のお客さん用の挨拶をしてしまって、監督から教えられて「あっすみません!」と謝ってて…ちょっと笑ってしまいました。
そんな阿部さんと遠藤さんは舞台に上がってすぐ、なにやらふたりで喋っていて「私語は慎むように」と司会の方に突っ込まれてて、そこも笑えました。
そしていよいよ中谷美紀さんとカルーセル麻紀さんの登場でステージに監督・出演者が勢ぞろい。中谷美紀さん、ほんとに綺麗で、顔が小さくて細くて…まさにうっとり見てしまいますね。そして「台風が来てますけど…みなさんお帰りは大丈夫ですか…」と気遣うコメントもあって、なんだか感動してしまいました。また、カルーセル麻紀さんは生で見ると独特の雰囲気のある美人という感じで、圧倒されました。映画の中ではラフな格好が多くて悔しかったから「今日は全身豹柄よ!見て頂戴」と会場を沸かせていました。

なんか…舞台挨拶のときも映画の余韻が残っていて、トークの中で具体的な場面をあげながらのコメントがあったりすると、その場面を思い出してジンワリと泣けてきたりして…楽しいのにちょっと切なくて、不思議な感覚でした。
たまたま座っていた席が、監督さんやキャストの皆さんが出入りするドアの近くの少し後ろだったので、登場するときと出て行かれるときの最後の最後まで見ることが出来て、ちょっとラッキーでした。
台風の中ではありましたが、行って良かったなぁと思える舞台挨拶で、映画も、観て良かったなぁと思える作品でした。

この映画を観て良かったと思ったらあちこちで薦めてくださいと堤監督がおっしゃっていたので、まずここに書きます。
この映画、ほんとに良いですよ♪「幸せってなんだろう?」と色々考えさせられるところもありながら、笑って泣けて、最後に感動して清々しく観られる作品だと思います。
ぜひ観ましょう♪♪

« 風強かった… | トップページ | 映画『ファンタスティック4-銀河の危機』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

初日舞台挨拶行かれたのですねー!(>ω<)
生堤監督、生中谷羨ましいー!!!
台風の中ご苦労様でしたw

>あさひなさん
はい、行ってきました♪
あさひなさんはこの映画、試写会で観られたんですよね。
良い映画だったし、生で堤監督や中谷さんたちを見られたので、台風の中行った甲斐がありましたよ♪♪

今朝か昨日の朝か、朝の番組で主演のお二人が出ていて、阿部さんはパンチのかつらを被ってました。
で、ちゃぶ台ひっくり返すのはけっこうストレス解消できたとか、あんな人が実際か夫だったら私はすぐ出て行くとか、とか、笑わせてもらいました。
元は4コママンガなんですね。そこで初めて知りました。
で、思ってたより面白そうかなと。
観にいこうかなぁ。

>knさん
渋谷での舞台挨拶で阿部さんがパンチパーマのカツラを被っていた、というのは私が観た池袋の舞台挨拶でお話があったんですけど、テレビでも被ってたんですね。
この映画、予想外というか、予想以上の感動のある作品という感じで、観て損はないと思いますよ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 自虐の詩舞台挨拶試写会 [アートの片隅で]
「自虐の詩」の舞台挨拶試写会に行って来ました。 今回の舞台挨拶は上映後に阿部寛ひとりでした。 やはり上映後というのは、気楽に色々と話して貰えるから良いですね。 衛星劇場15周年記念イベントで、CMに出演している阿部寛が来てくれた訳です。 妻が「阿部ちゃんが見たいから行く」という事で、妻と一緒に観に行きました。... [続きを読む]

» 『自虐の詩』の心理分析 [恋愛セラピストの日記]
映画『自虐の詩』が公開されました。共依存的な カップルの姿が描かれているのでつい心理学的な 分析をしてみたくなりました。 実はまだ見ていないのですが・・・見てみたい。 原作のマンガはとてもよく描かれていて、 幸江の一途さが伝わってきます。 小さな小さな幸せに..... [続きを読む]

» 自虐の詩(2007) 〜熊本さんの人生が知りたい [EncycRopIdia 〜漫画・映画・書評・グルメなどなど]
 あらすじ  大阪、飛田に今日もちゃぶ台がひっくり返される音が響く。  食堂で働く幸江(中谷美紀)は、働かない内縁の夫・イサオ(阿部寛)に今日も金をたかられる。  一間のアパート。貧相な食事。ちゃぶ台はひっくり返される。  たまに奮発してもひっくり返される..... [続きを読む]

» 映画「自虐の詩」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
文字どおりの自虐というにはチョット違うけど、恵まれない境遇で逞しく生きて、ささやかだけども、とってもおっきな幸せを掴む、随所で笑える面白い映画・・ 宮城県は気仙沼出身の幸江(中谷美紀)、母に捨てられ父家康(西田敏行)は飲んだくれの借金まみれでダメオヤジ、... [続きを読む]

» 自虐の詩 [欧風]
1日は映画の日で千円だったんで、観ようかなと思ってた映画を八戸フォーラムで観てきました。2本ほど。 1本目に観たのは「自虐の詩」。これはなんかちゃぶ台ひっくり返してて面白そうだというのと、[続きを読む]

» 69『自虐の詩(じぎゃくのうた)』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 69『自虐の詩(じぎゃくのうた)』 評価:★★★☆☆ 原作は人気作家、業田良家のコミック「自虐の詩」です。 ちょっと、阿部寛のちゃぶ台返しが見たくなって観賞した感じが多いですが・・・ 中谷美紀がま..... [続きを読む]

» 「自虐の詩」小説世界は見てはいけない? [soramove]
「自虐の詩」★★★ 中谷美紀、阿部寛主演 堤幸彦監督、2007年、115分 小説の映画化はよく行われている、 原作が好きな人にとっては不満が残るという 映画が多いように感じるが、 比べても意味はないので、 映画として面白かったかどうかが重要だ。 た...... [続きを読む]

» 映画:自虐の詩 [駒吉の日記]
自虐の詩(ユナイテッドシネマ豊洲) 「幸せになりたいねえ」 結構宣伝して力が入ってるのかと思いきや上映館は意外と少ない。。。 *****ややネタバレ感想なので反転して***** 前半は怒涛のちゃぶ台一徹返し。1回くらいはやってみたいけど「食べ物を粗末にしてはいけな... [続きを読む]

» 『自虐の詩』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト「自虐の詩」□監督 堤幸彦 □原作 業田良家 □脚本 関えり香、里中静流 □キャスト 中谷美紀、阿部寛、遠藤憲一、カルーセル麻紀、松尾スズキ、竜雷太、名取裕子、西田敏行 ■鑑賞日 11月10日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★ (5★満点、☆は0.5)<感想> 4コマ漫画の持つ風味がどれだけ映画のなかに投影できるのか楽しみだったが、やはり切り張り的な感じがしてしまった。 ちゃぶ台返しは星一徹(「巨人の星」星飛雄馬の父)の方が上手である(笑) ... [続きを読む]

» ★「自虐の詩」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウは、いろいろ候補があったけど・・・ 4コマ漫画からの映画化?とか、ひらりん好みの中谷美紀だし・・・ 最近阿部寛もオモシロイし・・・って事で本作に決定。... [続きを読む]

« 風強かった… | トップページ | 映画『ファンタスティック4-銀河の危機』 »