2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« マンゴージュース | トップページ | 映画『パーフェクト・ストレンジャー』 »

2007年10月21日 (日)

映画『クワイエットルームにようこそ』at舞台挨拶つき上映(新宿ジョイシネマにて)

Quietroom2初日舞台挨拶つき上映のチケットが取れたので、行ってきました。
上映前に、監督の松尾スズキさんと主演の内田有紀さんによる舞台挨拶とトークがありました。内田有紀さん、背が高くて細くて足が長くて…すごく素敵でした。松尾スズキさんも、途中で笑いどころをつくりながら観客をあきさせないトークで楽しませてくれました。そして、いよいよ映画の上映。

映画『クワイエットルームにようこそ』
(舞台挨拶つき、新宿ジョイシネマにて)

気がつくと精神病院のベッドに寝ていたフリーライターの明日香(内田有紀)。自宅で薬の過剰摂取をし倒れたのです。記憶の欠如、見知らぬ場所、見知らぬ人々。けれどそこでの様々な事情を抱えた人々との出会いによって、明日香のなかで何かが変わり始めるにでした。…やがて全ての記憶が戻った明日香は…。

前半はかなり笑えて、後半は結構シリアスというか…痛いなぁという感じ。とくに明日香の記憶が戻っていくところは、うっかり泣きそうになってしまうというか。
でも精神的に問題を抱えるのって特別なことではなくて、誰でもが何かのきっかけで陥ってしまう可能性があるんだなぁというのを考えさせられました。
数日前にこの原作小説(作者はこの映画の監督でもある松尾スズキさん)を読んでいたんですけど、やっぱり映像になることで伝わりやすくなるものってあるなぁと思いました。特に、小説では明日香の視点から見て周りのことを観察している感じだけど、映画ではそういう部分だけじゃなく、表情とか、明日香から見えない部分も見えるわけで…そうしたところから、あぁなるほど…と分かる部分が結構あったような気がします。

Quietroom4(おまけ)
映画館のロビーにあった内田有紀さん・妻夫木聡さんが撮影で着用した衣装。
左が内田有紀さん演じる明日香のもの(ジャケットは宮籐官九郎さん演じる鉄雄のですが)、右があんまりよく映ってませんが妻夫木聡さん演じるコモノのパンクスタイルのジャケットとパンツ。
ほかに、物語の中で大事なポイントになるアイテム、明日香の銀色のローファーなどもありました。

« マンゴージュース | トップページ | 映画『パーフェクト・ストレンジャー』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» ストレスの墓場-身近なクワイエットルームとは? [大欲は無欲に似たり]
 映画「クワイエットルームへようこそ」は松尾スズキが同名の自著を映像化したもので、様々なストレスと悩みをもつ女性達(いや男性もか)の葛藤を描いた作品だ。  内田有紀ふんする主人公・佐倉明日香が、気がつけば精神病院のクワイエットルーム(閉鎖病棟の隔離室)で手足胴体の五点固定されている所から話が始まる。  その二日前、大量の睡眠薬と酒をあおって昏睡した彼女は、自殺行為再発への防護策が必要と判断されたの... [続きを読む]

« マンゴージュース | トップページ | 映画『パーフェクト・ストレンジャー』 »