2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 引越し祝い…? | トップページ | 知恵と伝統 »

2007年10月10日 (水)

スーパー平社員

Superhirashain新書って…タイトルとか色々で、ついつい興味をひかれて手に取ってしまいます。これもそのひとつ。

冨田幹太・著
『管理職になりたくない
スーパー平社員 僕の充実仕事術』

“スーパー平社員”を自認する著者の立場から、サラリーマンはネジれているほうが会社生活を楽しめる、と説く。

仕事とか会社に対する考え方って、人それぞれだと思うんですよね…。
この本の著者である冨田さんのような考え方の人もいれば、もっと仕事仕事で、出世欲の旺盛な人もいるでしょうし…。
ただ…「好きなこと=仕事」になった幸運な人はともかくとして、殆どの人は生活していくために働いているわけで。そんななかで、どうやって自分なりの、仕事との付き合いかたや距離の取りかたを見つけていくか、というところなんでしょうけど…。
この本を読んでいて、たんなる平社員でいるのではなく、ちゃんと仕事が出来る、つまり会社(というか上司?)から見て必要な存在で居ることが大事なんだなぁと、改めて思いました。そうでないと、いつか会社に居られなくなって、そうなったら会社で仕事してお給料もらって、そのほかの時間を好きに過ごして、という生活もできなくなるわけですもんね…。
会社員って、誰にでもできる仕事のようでいて実はそうじゃないんですよね。
どんな仕事にも向き不向きがあるってことですね。

« 引越し祝い…? | トップページ | 知恵と伝統 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/16724160

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー平社員:

« 引越し祝い…? | トップページ | 知恵と伝統 »