2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『ボーン・アイデンティティー』onTV(日曜洋画劇場にて) | トップページ | 映画『オリヲン座からの招待状』 »

2007年11月 9日 (金)

映画『ボーン・スプレマシー』onTV(金曜ロードショーにて)

Bournespこの間、これの前のを日曜洋画劇場で見て…これはDVD借りようかなぁと思ってたら、こっちもテレビでやると知って見ました。レンタルしなくて良かった…(笑)。

映画『ボーン・スプレマシー』
(金曜ロードショーにて)

ベルリン。CIAの諜報員たちは、内部で起きた公金横領事件を調べている最中、何者かに襲撃され関係資料を奪われてしまいます。
一方、2年前の壮絶な逃走劇から生き延びたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、その時に出会った恋人マリー(フランカ・ボランテ)と人目を避けて暮らし、新しい人生を歩んでいますが、彼は未だ夢にまで出るほど過去の記憶に苛まれていました。
そんなボーンをつけ狙う一人の影…。同じ頃、CIA本部ではベルリンの事件で採取した指紋を照合し犯人を特定、そこにはボーンの名が浮上し…。

この前作である『ボーン・アイデンティティー』の2年後の物語です。
いきなり(でもないけど)ドキドキするカーチェイスが繰り広げられ、「おぉ?」とひきつけられます。インドっていうのがなんか、自分を追う色々なものから逃れて“ひっそり暮らしたい”っていうボーンやマリーの思いというか…切実さを感じさせられました。
また、ボーンの記憶喪失の部分がだんだんと明らかになっていって、結構痛々しいというか、悲しい展開にもなっていきます。で…今週公開の『ボーン・アルティメイタム』に繋がっていくんだろうな?って感じの終わり方になってます。
さぁこれで、心置きなく(?)映画館で新作を楽しめそうです。いつ観に行こうかな…。

« 映画『ボーン・アイデンティティー』onTV(日曜洋画劇場にて) | トップページ | 映画『オリヲン座からの招待状』 »

映画」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ボーン・スプレマシー』onTV(金曜ロードショーにて):

» 映画『ボーン・スプレマシー』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Bourne Supremacy 「ボーン・アイデンティティー」から2年、追われる立場から一転、真実を求め先手必勝で至高の技を繰り出しながら敵を追いつめていく・・・。 記憶をなくした寡黙なCIA特殊要員ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、インドの... [続きを読む]

» 「ボーン・スプレマシー」映画感想 [Wilderlandwandar]
せっかくだから復習の続き。ジェイソン・ボーンシリーズの2作目。 THE BOUR [続きを読む]

» ボーン・スプレマシー [暖気団の徒然日記・・・・]
つれづれなるままに、日暮らし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 「アイデンティティー」の記事はコチラ ★★★★★★★☆☆☆(10中7)。 見ました。 以下ネタバレ含む 及第点・・っちゅーかんじ? 前作より面白いわけでもなく、つまらんわけでもなく。ただ見終わってもな~んか印象に残らんな・・。 キャストですが。 マット・デイモンは、あいかわらずはまり役です。でもTVの吹き替えの声は恐ろしいほど合ってないと思う(汗 ... [続きを読む]

» 『ボーン・スプレマシー』 [京の昼寝〜♪]
■監督 ポール・グリーングラス ■原作 ロバート・ラドラム ■製作 フランク・マーシャル ■キャスト マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョアン・アレン、ブライアン・コックス、ジュリア・スタイルズ、カール・アーバン あれから2年。 ボーンとマリーはインドのゴアで人目を避けて暮らしていた。 過去を捨て、マリーと共に新しい人生を始めようとしたボーンだが、2年経っても記憶は完全に戻らず、毎晩のように悪夢にうなされていた。 何度も夢に見るのは、コンクリンに「これは訓練ではない」と言い聞かせている自分の... [続きを読む]

» ボーン・アルティメイタム [アイラ島の潮風の香りを感じていたい]
ボーン・アルティメイタム☆☆☆☆4.5 ボーンアイデンティティ、ボーンスプレマシ [続きを読む]

« 映画『ボーン・アイデンティティー』onTV(日曜洋画劇場にて) | トップページ | 映画『オリヲン座からの招待状』 »