2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『恋空』 | トップページ | 真夜中の鷲 »

2007年11月11日 (日)

映画『めがね』

Megane観たい観たいと言い(書き)続けて早数ヶ月(おおげさ)。
ようやっと地元にやってきたこの作品。早速観に行ってまいりました~。

映画『めがね』

春。タエコ(小林聡美)がやってきた、そこは気持ちの良い風の吹く海辺の町。ゆっくり歩いてたどりついた先には、奇妙な懐かしさをたたえた小さな宿、ハマダ。
3人の女性と2人の男性、そして一匹の犬。どこにでもいそうで、どこか風変わりな人々が思い思いの時間を過ごす物語。彼らはなぜか全員めがねをかけている…。

なんだろうなぁ、この…ヤマも何もない(いえ、ない様に感じるだけで、ほんとはあるんですけど…)、そんななかに感じる、穏やかな気持ちは…。
なにか、アクション映画やラブストーリーを観に行くときの「さぁドキドキ・ハラハラさせてくれ」「切ない気持ちにさせてね」みたいな、そんなものはなく、スクリーンのなかに流れる時間、空気を共有するみたいな感じ…とでも言ったらいいのか。
南の島なんだけど、夏じゃなくて春っていうのがいいなぁと思いました。夏はきっと暑すぎるし台風とかも来そうですもんね…。
ゆっくり流れる時間のなかで、何気なく可笑しくて、温かくて、どこか切なくて…不思議な気持ちです。

可笑しかったのは、浜辺で毎朝行われる「メルシー体操」と、加瀬亮さん演じるヨモギが一心不乱に海老を食べるその表情です。それから、小林聡美さん演じるタエコと、もたいまさこさん演じるサクラの自転車二人乗りにまつわるエピソード…。
サクラは、みんなのアイドルというか…心のよりどころみたいな感じで…私ももし、身近にあんな人がいたら仲良くなりたいです。光石研さん演じる、宿の主人ユージは「一緒にどうですか」と誘いはするけれど無理強いはしない、みたいなスタイルとかはこの島の空気を現しているようで、最初はやけにあっさりだなぁと肩透かしみたいな印象を受けましたが、段々とそれが心地よくなっていきました。
小林聡美さんは、「かもめ食堂」では訪れる人を迎える側でしたが、今回は訪れる側。前半は周りの人々に戸惑っている感じが、段々と自然に、ゆっくり流れる時間を楽しんでいる雰囲気に変わっていって、なんかいいなぁと思いました。
市川実日子さん演じるハルナは、ちょっと生意気そうな感じに見えるんだけれど、タエコに「サクラさんと○○したでしょ!」なんて言って、ちょっと拗ねてるみたいな様子が可愛く感じられました。

「かもめ食堂」同様、食事のシーンがすごく美味しそうで…空腹で観に行ったらおなかが鳴ってしまいそうです(笑)。この映画を作った人たちはきっと食べることがとても好きなんだろうなぁ…なんてことまで考えてしまいます。

夏の暑さや海は苦手な私ですが、こんな島にだったら、夏じゃなくて春だったら行ってみたいなぁと思いました。長ーいお休みがないと、なかなかこの映画みたいな感じにはいかないでしょうが…。

« 映画『恋空』 | トップページ | 真夜中の鷲 »

映画」カテゴリの記事

コメント

りみっとさん、こんにちは^^
荻上監督の不思議な空気感、今作でも感じることができました。なんだかビル群の中でも“たそがれ上手”になるべく、この映画を観た後、庭園やお花畑を散策することが多くなっています(笑)

>cyazさん
こんにちは。
たそがれるのも、才能要りますよね。
ぼーっとするとか何もしないの苦手な人いますもんね(笑)。
やっぱり緑を見ると落ち着きますね。
私もたそがれ上手になりたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『めがね』:

» 映画「めがね」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
春の奄美諸島与論島、梅雨の前のこの南の島は観光客も少なく、ざわわとゆれるサトウキビ畑、エメラルドグリーンの海とマイナスイオンにα波が溢れる・・ タエコ(小林聡美)は1人旅に出て、辿り着いた宿では商売っ気がなくまったりな主人のユージ(光石 研)と犬のコージ... [続きを読む]

» 『めがね』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「めがね」□監督・脚本 荻上直子□キャスト 小林聡美、市川実日子、加瀬 亮、光石 研、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、橘ユキコ、中 武吉■鑑賞日 9月24日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★ (5★満点、☆は0.5) <感想>   たまには、“たそがれて”みませんか〜 不思議な感覚でありながら、もしかしたら現代人の誰もが求めて手中に出来ない、何もしない故の貴重な空気感の存在がこの映画の重要な要素であり、観ている側にその擬似感覚を十分伝えうる質素ながら高... [続きを読む]

» めがね [アイラ島の潮風の香りを感じていたい]
めがね☆☆☆☆4.0 ”かもめ食堂”の荻上監督作品。 小林演じる主人公の女性がや [続きを読む]

« 映画『恋空』 | トップページ | 真夜中の鷲 »