2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 送別会にて | トップページ | 映画『厨房で逢いましょう』(松本CINEMAセレクト上映会にて) »

2007年11月23日 (金)

真の鎌倉

Qed8この間、前作を読んだばかりですが文庫としてはこちらが最新刊。私にしては珍しく、続けて読んでみました。


高田崇史・著
『QED 鎌倉の闇』

銭洗弁天、鶴岡八幡宮、御霊神社…。鎌倉をそぞろ歩く棚旗奈々・沙織姉妹に、奈々の先輩である桑原崇が語る、源三代にまつわる謎の答えが、稲村ケ崎で起こった失踪事件の謎をも解き明かすことに…。

歴史の闇の部分を解き明かしていくこのシリーズ、前回の幕末からだいぶ時代が遡って
今回は鎌倉時代。教科書などで表面的に触れられている部分からぐっと踏み込んで、その言葉の裏側まで触れていて、なかなか興味深かったです。
鎌倉という歴史情緒あふれる土地にまつわる、闇の…というか、ドロドロした部分がたくさん語られるのに、というかだからこそ余計になのか、鎌倉に行ってみたくなりました。小学校のときの修学旅行で鎌倉の大仏を見たくらいなので、大人になってから行く鎌倉が、自分の目にはどう映るんだろう…というのに、非常に興味があります。とはいえ、なかなか訪れるような機会に恵まれそうにないのが、ちょっと残念なんですけどね…。
前回の“龍馬暗殺”から引き続いて奈々の妹・沙織がかなり活躍しています。ちょっと変わったところのある人物ながら、なかなか魅力的で、ストーリーにテンポのよさも与えてくれています。…というか笑わせてくれます(笑)。

« 送別会にて | トップページ | 映画『厨房で逢いましょう』(松本CINEMAセレクト上映会にて) »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/17162851

この記事へのトラックバック一覧です: 真の鎌倉:

« 送別会にて | トップページ | 映画『厨房で逢いましょう』(松本CINEMAセレクト上映会にて) »